2019年2月16日(土)  不妊症、不妊治療の最新情報

よもぎ蒸しの効果とおすすめの時期

よもぎ蒸しは、韓国の伝統的な民間療法で、よもぎの湯気を体内に吸収させ、血流の改善による温め効果や、身体の老廃物を排泄する役目をもつといわれている。定期的に行うことで子宮を綺麗な状態に保つ事ができるようだ。

よもぎ蒸しに期待される効果

生理不順や子宮筋腫・子宮内膜症などの方が多く利用しており、生理前後に使用すると効果的という声も多くあがっている。不妊治療中に医師から勧められることもあるようだ。
また、最近では妊活中の冷え対策「温活」の一環として取り入れられることが増えている。

おすすめのタイミング

よもぎ蒸しにおすすめのタイミングは、排卵前が良いといわれている。
排卵前の低温期に、子宮を中心とした下腹部を温め、ホルモンの分泌を促すことで妊娠しやすい状態へ導くためだ。反対に、排卵後や受精後は避けた方が良いといわれている。
最近では、手軽に取り組めるパット状のものを利用する人も増えている。
よもぎ蒸しは、あくまで医療とは違うので、不妊治療中などで不安や疑問を感じたときは、医師などに相談することをおすすめする。

妊娠しやすい体づくり

よもぎ蒸しは体内環境をより妊娠しやすくする効果が期待されるが、さらに妊娠の確率を上げるためには、卵子そのものの質を高めることがおすすめだ。
なぜなら健康な卵子も、ストレスや生活習慣の乱れ、加齢などにより質が低下し、生殖機能が弱まってしまうからだ。

卵子の質の改善には、規則正しい生活のほか、卵子へエネルギーを与える必要がある。そのエネルギーは、ミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官によって産生されている。

ミトコンドリアを活性化させるためには、有酸素運動、ファスティングなど、身体に負荷をかける方法がある。よもぎ蒸しなどとともに、無理のない範囲で卵子の質の改善を行ってみるとよいだろう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチへのバナー ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また一般の食品と同様に、稀に、皮膚症状や呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状、またはこれらに類するアレルギー反応といった副作用があります。しかしながら今現在これまでに、これら副作用やアレルギー反応などの実例報告はあがっていません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。