2018年11月13日(火)  不妊症、不妊治療の最新情報

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

着床するためのよもぎ蒸しの期間とタイミング

身体の老廃物を排泄する役目をもつといわれているよもぎ蒸し。定期的に行うことで子宮を綺麗な状態に保つ事ができるようだ。

利用者

生理不順や子宮筋腫・子宮内膜症などの方が多く利用しており、生理前後に使用すると効果的という声も多くあがっている。

不妊治療中の人に対しても良いといわれているが実施するタイミングに悩む人が多い。

では、着床するためにはどのタイミングで利用するべきか。

よもぎ蒸しのタイミング

よもぎ蒸しを行ううえで指定するタイミングは特にないようだ。ただ、生理前の低温期に行うと良いといわれており、その時期を狙って通う人も多い。

反対に着床の時期などは避けた方が良いともいわれている。

最近では、パットになったものを利用する人が多く平均的に2〜3時間使用しているようだ。しかしあくまでも目安。

実際には個人差があるので、自分の身体と相談しながら使用することがベストである。

義務的に行うと、ストレスとなり逆効果になりかねない。まずはストレスなく体調と相談しながら試してみることが良いだろう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。