2018年5月25日(金)  不妊症、不妊治療の最新情報

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

着床したときにはどんなタイプのおりものが出る?

一般的に多い症状

着床の症状としておりものが一般的に多い症状としてあげられる。
おりものはいつも分泌されているが、着床時のおりもの量は普段よりも多くなることがある。

それは、妊娠したことで女性ホルモンが増加し、子宮内での運動が活発化して刺激されることで分泌量が増加するとされている。

では着床時のおりものはどのようなタイプが多いのだろうか。

着床時のおりもののタイプ

状態 :さらさらしている
量  :普段より量が多く感じる
色  :白っぽいものから少し茶色
におい:においが無い、もしくは少ない
※個人差によって異なる

日頃からの確認が大切

これらが多くみられる着床のサインといわれているが、おりものは子宮内膜症やカンジダなど身体に異常がある可能性も少なくない。

年齢を重ねるうえでもおりものの状態は異なるので、日頃から必ず確認しておくことが大切である。そうすることで自分の状態変化にすぐに気づくことができる。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症を招く抗精子抗体とは不妊症を招く抗精子抗体とは 本来ヒトの体は、自分の体の成分以外の成分(細菌など)をすべて拒絶して身を守っており、これを「免疫」と呼んでいる。 ただし女性には例外的に、自分の体の成分以外で拒絶せず受け入 […]
  • 子宮頸管粘液法とは?子宮頸管粘液法とは? 子宮頸管粘液とは 膣内に射精された精子が、卵子に出会うために1番最初に通過する場所が、「子宮頸管」と呼ばれる子宮の入口部分だ。膣と子宮腔を結んでいる細い場所になる。 しか […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。