2024年5月30日(木)  不妊症、不妊治療の最新情報 , 卵子対策

卵胞刺激ホルモン(fsh)が乱れる理由

女性の卵胞の発育と黄体形成を促進する胞刺激ホルモン(fsh)。
ストレスや生活習慣の乱れ、食習慣の乱れが、卵胞刺激ホルモン(fsh)の乱れを呼びますが、その背後にはもっと重要な不妊症の原因を招いているといいます。

それは卵子や精子の質の低下、すなわち卵子や精子のエネルギー不足です。

妊活成功者の症例
イースタティックミネラルES-27により卵子ミトコンドリアの質を改善


イースタティックミネラルES-27
ミトコンドリア若戻化ATPの活性化成分として、JAAS日本アンチエイジング外科学会ネオエイジング分科会との共同研究している成分です。

JAAS日本アンチエイジング外科学会ネオエイジング分科会

卵胞刺激ホルモン(fsh)とは?

卵胞刺激ホルモン(fsh)は、卵巣を刺激して卵胞を育てその後の黄体形成を促進します。

妊娠するためにとても重要なホルモンで、分泌量が正常でないと不妊症につながる可能性があります。

卵胞刺激ホルモン(fsh)の基準値は?

卵胞刺激ホルモン(fsh)には基準値が決まっていて、その測定は採決による血中ホルモン検査でおこないます。

卵胞刺激ホルモン(fsh)の基準値

◆女性 卵胞期 3.01~14.72
排卵期 3.21~16.60
黄体期 1.47~8.49
閉経期 157.79以下
◆男性 2.00~8.30

基準値が高い場合の症状

・原発性性腺機能低下症
・女性ホルモンの分泌量の低下
・精巣機能低下症

基準値が低い場合の症状

・性ホルモンの過剰分泌
・下垂体機能低下症

卵胞刺激ホルモン(fsh)が乱れる理由

胞刺激ホルモン(fsh)は卵胞の発育と黄体形成を促進する、妊娠するためにとても重要なホルモンです。

胞刺激ホルモン(fsh)が乱れる理由の一つにストレスや生活習慣の乱れ、食習慣の乱れがあげられています。

さらに、これらストレスや生活習慣の乱れ、食習慣の乱れは、実はもっと重要な不妊症の原因を招きます。
それは卵子の質の低下、すなわち卵子のエネルギー不足です。

良質な卵子と精子を育てることが重要

卵子は卵巣から排出され卵管で精子と出会い受精、細胞分裂を繰り返し着床、妊娠するまでのあいだ、大量のエネルギーを必要とします。
その大量のエネルギーをまかなっているのが卵子に備わるミトコンドリアです。

ミトコンドリアは加齢や生活習慣により徐々にそして特に30代後半を境に数が減り質も低下します。年齢とともに基礎代謝が低下して太りやすくなってしまうのもそのためです。

しかしミトコンドリアの減少や若戻化ATPの不調は回復することが可能です。

ミトコンドリアは年齢に関係なく、食事などから得る栄養素を見直したり、軽い運動を心がけることで、活性化したり増加させることが可能なのです。

卵子の質の低下は回復することができるということなのです。

イースタティックミネラルES-27

不妊対策の常識はミトコンドリア若戻化ATPの強化

ミトコンドリアは私たちの細胞一つ一つに数百から数千個存在し、活動するために必要なエネルギーのほとんどをまかなっている小器官。

このミトコンドリアを元気に保つことでミトコンドリア産出するエネルギー若戻化ATPを活性化させ、卵子と精子の質を高めることができるのです。

ミトコンドリアは、食事などから得る栄養素を見直したり、軽い運動を心がけることで、活性化したり増加させることが可能です。

ストレスを減らしバランスの良い食事と規則正しい生活習慣を心がけることで、正常な胞刺激ホルモン(fsh)と活発なミトコンドリアを目指したいものです。

イースタティックミネラルES-27
ミトコンドリア若戻化ATPの活性化成分として、JAAS日本アンチエイジング外科学会ネオエイジング分科会との共同研究している成分です。

JAAS日本アンチエイジング外科学会ネオエイジング分科会

妊活成功者の症例
イースタティックミネラルES-27により卵子ミトコンドリアの質を改善

インスタグラムで不妊治療成功例更新中