AMH1.0以下は妊娠できないの嘘。

AMH(卵巣年齢)検査はどんな検査?

AMH(卵巣年齢)検査は、「卵巣内にどれくらい卵子が残っているか」という、卵巣予備能の目安を調べます。
つまり妊娠するための卵子の在庫の目安を知ることができる検査です。

AMH検査の「AMH」とはアンチミューラリアンホルモン(抗ミュラー管ホルモン)という発育過程の卵胞から分泌されるホルモンの略で、この血中AMHを調べることでおおよその卵巣予備能を調べることができます。

卵巣年齢検査とも呼ばれるのはなぜ?

男性の精子が74日ごとに新しく作られるのとは違い、女性の「卵子」は生まれた時から既に持っている約200万個の原始卵胞を使っています。

しかし生まれる時に200万個もあった原始卵胞は、思春期の頃にはおよそ20〜30万個に減少し、そのあとも年齢と共に日々減少していきます。

つまり「卵子」は加齢と共に減少する限りあるもので、その卵巣予備能を調べられるAMH検査を卵巣年齢検査とも呼ぶのです。

AMH基準値は?AMH検査の費用は?

この検査でわかるAMH、すなわち卵巣予備能は当然に年齢と共に数値が減少していきます。
しかしAMHは低すぎても高すぎても早めの不妊治療の検討が必要です。

AMH 6以上
多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS) の可能性。
AMH 2未満
卵巣予備能が低下。早めの不妊治療を。
AMH0.5未満
早発卵巣不全(POI)の可能性。

日本で受ける場合の平均費用は5,000~10,000円ぐらいで、健康保険は使えず自費扱いになる。

AMH1.0以下は妊娠できないの嘘

AMH2.0未満、とりわけAMH1.0未満は妊娠しにくいと、よく誤解されることがありますが正しくありません。

AMHが低くて自然妊娠する方もいれば、AMHが高くても妊娠できない方も多くいます。
なぜならAMHでわかるのはあくまで卵巣予備能。つまり卵子の在庫の目安です。

もちろんAMHが低いということは卵子の在庫が少ないことを意味しているので、早めに積極的な子作りに取り組んだり、不妊治療に取り組むことは大切です。

しかし妊娠するために最も必要なのは質の良い卵子です。

妊娠は卵子数でなく質、卵子の質はミトコンドリア

卵子の数は少なくても、卵子の質がよければ妊娠できます。
逆に若い人で、AMHが高く卵子の数が多くても、卵子の質が低下していれば妊娠できません。妊娠できるできないに卵子の在庫数はあまり関係ないのです。

ただし一般的には加齢と共に卵子が減少(=AMHが低い)するのと同時に、卵子も老化し質が低下するといわれています。

その理由は卵子のエネルギー源「ミトコンドリア」が、生活環境や加齢とともに減少したり不調をきたしてしまうからです。

卵子の中にあるミトコンドリア

卵子の中には多くのミトコンドリアが存在しています。

卵子数は増やせないがミトコンドリアは増やせる

加齢による卵子の減少は避けることができません。

また加齢により体が老化するのと同じく卵子の老化があらわれ、卵子の質が低下してしまうのもどうしても避けることはできません。

しかし卵子の質低下をもたらすミトコンドリアの減少は回復することが可能です。
ミトコンドリアは年齢に関係なく、食事などから得る栄養素を見直したり、軽い運動を心がけることで、活性化したり増加させることが可能なのです。

排卵・受精・着床

卵巣から卵子が排出され、卵管で精子と出会い受精します。受精した卵子は杯分割しながら支給内壁で着床します。

妊娠できるかできないかは卵子の数ではなく。卵子の質を回復するために「ミトコンドリア」を自分でいかに活性化できるかがポイントになります。