2018年9月24日(月)  産み分け

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

男女産み分けのために抑えるべきポイントとは?

産み分けで最も重要なこととは?

女の子、男の子を産み分けるために最も重要なのは「タイミングを知る」ことである。正確な排卵日を知り、最適なタイミングで性交を行うことにより、産み分けの確率が大きく変わるといわれている。

① まずは正確な排卵日を知る

排卵日は、卵巣から卵子が飛び出し卵管に入ることだが、その際に精子と結合し受精卵ができる。受精卵が卵管から子宮へと移り子宮内膜に着床することで、妊娠が成立する。排卵日は1日しかなく、卵子が受精できる時間も約6時間〜12時間だといわれているので、このタイミングを逃すと受精することは難しい。

このことから、産み分けには「排卵日と精子の組み合わせ」が大きく関わっているといえる。

女性の膣内は通常、様々な菌から守るため、排卵日の約2~3日前は酸性になっている。排卵日が近づくにつれアルカリ性へと変化していき、排卵日にはアルカリ性となる。

② 精子の特徴を理解する

精子にはX染色体を持つ精子とY染色体を持つ精子の2種類がある。卵子にはどちらの精子が受精するかによって性別が決まる。

X精子の特徴

「寿命は約2~3日」「酸性に強い」「動きが遅い」

Y精子の特徴

「寿命は24時間」「アルカリ性に強い」「動きが速い」

2種類の精子の特徴を利用して、男の子を望むならアルカリ性になる排卵日当日、女の子を望むなら、酸性になる排卵日2~3日前に性交を行うことで希望する性別の産み分け確率が上がるというわけだ。

③ 産み分けのポイントを知る

産み分けの確率を上げるために心がけたい、いくつかのポイントをまとめてみよう。

女の子

・排卵日約2~3日前に性交する
・浅く挿入できる体位
・女性がオーガズムを感じないこと
・膣内が酸性

男の子

・排卵日当日に性交する
・深く挿入できる体位
・女性がオーガズムを感じること
・膣内がアルカリ性

排卵日を簡単にすばやく知るには

排卵日の周期はストレスや生活習慣の変化などで時期が早まったり、逆に遅れることもある。
社会進出が著しい最近の女性にとっては、排卵日を知るために基礎体温を毎日こまめに記録したり、病院に通うことは、なかなか難しいのが実状だ。

そんな中で最近、インターネット上で自分の排卵日がわかる無料の「排卵日計算システム」が注目されている。

過去の生理日(月経周期)を入力することで、次回の排卵日を自動計算してくれる優れものだ。スマートフォン対応のものもあり、少しの空き時間があれば文字どおり「片手間」で自分自身の排卵日を知ることが可能だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。