2019年4月20日(土)  男性不妊

フーナーテストの結果をよくする方法とは?

フーナーテスト(ヒューナーテスト)とは、性交後の子宮頸管粘液の中に残っている精子の状態を調べる検査で、健康保険が適用される。
フーナーテストやヒューナーテスト、性交後試験、性交後テストなどともいう。検査は、400倍視野の顕微鏡で精子を観察し、その数や運動量を測る。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

フーナーテストの結果を良くするには

フーナーテストの結果不良の原因として、以下が考えられる。

・精子の活動力低下

・乏精子症または無精子症

・頚管粘液の分泌減少

・頚管粘液と精子の適合

無精子症や抗精子抗体など、具体的な原因が分かっていない状態での結果不良の場合、食生活・生活習慣の影響が出てしまうため、これらの改善が必要となる。

ただ、食生活などすぐには結果には反映されづらいため、膣内環境を整える潤滑ゼリーなどを活用することも一つの方法だ。

潤滑ゼリーの活用

病院のタイミング指導などがあると、どうしても性交が義務的になってしまうため、濡れにくい女性も多い。
潤滑ゼリーを用いることで、妊娠に適した膣内環境に整え、精子の活動をサポートする。そして自然妊娠の確率を上げてくれる。
フーナーテストで不良判定が出た場合、一度潤滑ゼリーを試してみても良いのではないだろうか。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス