2018年12月10日(月)  不妊治療アドバイス , 不妊症、不妊治療の最新情報

妊活ホルモンを整えて授かり体質へ

妊活ホルモンとは女性ホルモンのことで、このホルモンバランスは妊娠・出産とは切っても切れない関係にある。
しかし、妊活ホルモン(女性ホルモン)についての正しい知識がある女性は、なかなかいないのではないだろうか。

実際にクリニックなどで「ホルモンバランスが崩れている」と言われても、いまいちピンとこないこともあるかと思う。
そもそも、妊活ホルモン(女性ホルモン)とは何なのだろうか。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

妊活ホルモン(女性ホルモン)とは

妊娠・出産に深い関わりのあるホルモンはいくつかある。
黄体形成ホルモン(LH)、卵巣刺激ホルモン(FSH)、卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)だ。

その中で妊活ホルモン(女性ホルモン)と呼ばれているのが、エストロゲンとプロゲステロンである。
この2つのホルモンは生理のサイクルに合わせて変化している。

生理から排卵まではエストロゲンが優位になり、排卵から次の生理まではプロゲステロンが優位になるのが通常だ。
このホルモンバランスが崩れると、身体にさまざまな不調が現れる。

代表的なのは生理不順だろう。
なかなか生理がこなかったり、経血がいつもより極端に少なかったりしたら、妊活ホルモン(女性ホルモン)が乱れている可能性がある。

妊活ホルモン(女性ホルモン)が乱れる原因

女性がホルモンバランスを崩す原因は、日々の生活に隠れている。

激しいダイエットの経験がある

短期間に無理なダイエットをすると、脳がホルモンの分泌をストップさせ、生理が止まったりする。

不規則な生活をしている

起きる時間や寝る時間が日によってバラバラだと、体内時計が乱れ、ホルモンバランスの乱れに繋がる。

ストレスを抱えている

妊活ホルモン(女性ホルモン)を出す司令を行っている視床下部は非常にデリケートであるため、ストレスを抱えるとダメージを受けてホルモン分泌の司令が的確に行われないことがある。
上記、当てはまるものがあれば要注意だ。

妊活ホルモン(女性ホルモン)を整えるには

ホルモンバランスを整えるには、日々の生活の中でちょっとしたことに気を使うことが重要だ。

毎日決まった時間に起きる

規則正しい生活は、視床下部とホルモンを安定して働かせる第一歩だ。
食事を抜いている人も、しっかり3食摂るようにすると良い。

シャワーで済ませずゆっくり湯船に浸かる

ゆっくりとした入浴は自律神経の働きを整える。ホルモンバランスの安定にも繋がるのだ。

ツボ押しでホルモンバランスをサポート

ツボ押しで冷え性や生理不順などの不調を改善できることも。
まずは上記のようなことを実践してみると良いだろう。

妊活ホルモン(女性ホルモン)を整えて授かりやすい体質へ

妊活ホルモン(女性ホルモン)を整えるのは一朝一夕にはいかないが、ちょっとしたことに気をつけるだけで徐々に改善してくる。
なかなか授からなくて悩んでいる場合は、上で記したことを意識して生活してみてはいかがだろうか。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。