2019年7月20日(土)  特集

ミトコンドリアに直接アプローチし、卵子・精子を若返らせるイースタティックミネラル

卵子や精子の生殖細胞内ミトコンドリアにエネルギーを供給。

ミトコンドリアの活発な分裂・増加を促すことで卵子・精子へのアプローチや機能回復を目指すイースタティックミネラル。

質の低下した卵子と精子のミトコンドリアにエネルギーを与え、活発な分裂・増加を促すことで活動を甦らせてくれる。

細胞内のミトコンドリアに直接エネルギーを与えることのできる唯一の成分

ミトコンドリアに直接アプローチできる唯一の成分

ミトコンドリアの機能回復には、これまで代表的な抗酸化成分であるビタミンCや各種ポリフェノール、コエンザイムQ10、L-カルニチンといった成分により、アプローチが試みられてきた。

▲ ミトコンドリア内膜まで浸透

しかし、これら成分は水溶性であるため、そもそもミトコンドリア外膜・内膜に浸透することはできない。またコエンザイムQ10などのユビキノン類にも持続的な電子供給能力がなく、有効な酸化還元作用を発揮することができなかった。
さらに吸収されなかったこれら抗酸化成分は、一転して「酸化物質」となってしまい逆効果を与えることが問題として取りざたされている。

そこでミトコンドリアにアプローチできる唯一の成分として注目されているのがイースタティックミネラルです。

イースタティックミネラル飲用者の不妊治療の費用

イースタティックミネラル飲用者は、治療費の総額が100万円以下の人の割合が、一般的な調査結果に比べて2割近く多く、不妊治療の費用が抑えられている結果となった。
また、全ての年代で50万円以下の回答が最も多く、100万円以下の費用で妊娠できた夫婦は20代で約9割、40代以上でも半数以上であった。

※イースタティックミネラルを飲用して妊娠に至った776人が対象

イースタティックミネラル飲用者の声

  • 飲みはじめて、2回目の採卵で経験したことのない数の採卵をすることができました。
  • 高齢なので医師からはかなり厳しいことを治療開始後に言われていましたが、初回採卵でかなり良い成熟卵が採取でき驚かれました。
  • わらにもすがる思いでイースタティックミネラルを飲み、1ケ月後の採卵4回目に胚盤胞が1個できました。その後、胚盤胞を移植し、無事に妊娠できました。

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。
▶︎「イースタティックミネラル」の症例報告を詳しく見る

イースタティックミネラルの検証試験

細胞内のミトコンドリア量の増加を確認

イースタティックミネラル配合サプリメント(イースタティックミネラル、オリーブ葉抽出物、ジオスゲニン、アグリコン型イソフラボンの4成分が配合)を用い、マウスの経口摂取による細胞内のミトコンドリア増加量を比較しました。

細胞内のミトコンドリア増加量

▲ 細胞内のミトコンドリア増加量

サプリメントを摂取したマウス(右側)には、摂取していないマウス(左側)と比べ、赤く着色したミトコンドリアが多く、増加を確認することができました。この試験により細胞内のミトコンドリアの増加を促すことが明らかとなりました。

また、イースタティックミネラル配合サプリメントに含まれるオリーブ葉抽出物には、老化を速めるAGEs生成を抑制する抗糖化作用も確認されています。

イースタティックミネラルの酸化抑止検証試験

イースタティックミネラルのヒト生殖細胞DNAの酸化損傷/酸化ストレス蓄積の解放を応用し、ヒトを構成する各種細胞での細胞内(ミトコンドリア)酸化還元/環境改善効果について試験しました。

試験ではイースタティックミネラルを一日一回、30日間の経口服用を実施。
その服用開始前・後における尿中8-OHdG※1、ならびに血中ヘルパーT細胞サブセット(Th2分画)※2を測定し、結果判定に供しました。

なお、試験経過30日間の服用期間中に、被験成分(イースタティックミネラル)が原因と思われる副反応等は一切認めなかった。

イースタティックミネラルを用いた酸化状況抑止、抗不妊サプリメントの検証試験

▲ イースタティックミネラルを用いた酸化状況抑止、抗不妊サプリメントの検証試験

その結果、「8-OHdG」と「Th2」ともに有意な低下を確認することができました。このことにより、イースタティックミネラルは細胞内部の酸化環境を改善することが明らかとなりました。

精子の活動率が改善

同時に男性被験者に関しては、精子の活動に関しても比較調査をしました。

[動画が見れない方はこちら]

ヒト男性の精子は、その内部に備わったミトコンドリアの産生するエネルギーを原動力としており、酸化の影響によってその運動性は大きく低下してしまいます。
ミトコンドリア細胞の活性と酸化抑制により、服用前に比べ精子量の増加と活発な動きが確認されました。

ミトコンドリア治療として医療現場でも使用されているイースタティックミネラル

2014年6月24日の閣議決定で、医療機関においてサプリメント等の販売やアドバイス業務が可能であることが明確化され、イースタティックミネラルは弱ったミトコンドリアを回復させるミトコンドリア治療として医療現場でも使用されている。

▶︎ 東京MITクリニック

▲ ミトコンドリア革命

ミトコンドリア革命(著書:宇野克明医師)でもイースタティックミネラルが取り上げられている。

監修医より

ミトコンドリアは細胞内にあるエネルギー産生工場であり、細胞の活性や寿命に深く関わってます。

なかなかお子さんに恵まれない、せっかく授かったのに流産した、そんな辛い思いを誰にも相談できず悩んでいる方が大勢いらっしゃいます。一人で悩まず、先ずは専門医の先生方にご相談して頂きたいと思います。

でも、ご自分でも努力出来る事があります。皆様もミトコンドリアという言葉を耳にされた事が有るかと思います。ミトコンドリアは細胞内にあるエネルギー産生工場であり、細胞の活性や寿命に深く関わってます。一個一個の細胞であり、最も活動性が必要なのが、卵子や精子です。そして、受精した卵子を着床させ、育て上げるのには母体の健康が大切です。その為には、しっかりした栄養管理を行いミトコンドリアを元気する必要があります。

お時間が有る方は、お買物やお料理を頑張ってミトコンドリア活性に繋げるのも良し、お仕事などで多忙の方は、葉酸やミトコンドリア活性に活躍するイースタティックミネラルなどをバランスよく配合したサプリメントで補うのも良し。皆で、ストレスや加齢変化に負けない体になりましょう。

卵子・精子には多くのミトコンドリアが必要、その理由とは?

エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要がある

心臓同様、卵子・精子にも多くのミトコンドリアが必要

▲ 心臓同様、卵子・精子にも多くのミトコンドリアが必要

心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーを必要とするため、ミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上も必要なのだ。

卵子や精子には直接エネルギーを届ける必要がある

卵子や精子は、単一細胞として生きている。

ミトコンドリア

▲ ミトコンドリア

私たちの体はいくつもの細胞からなり、肺や腸からエネルギーを取り込み活動に役立てている。しかし、卵子や精子の様な単一細胞は、その細胞の中だけでエネルギーを自給自足しなければならない。

 卵子、精子のミトコンドリア

▲ 卵子、精子のミトコンドリア

卵子も精子も、ミトコンドリアという小器官がエネルギーを作り出している。
卵子は胚分割して着床し胎盤から栄養をもらえるまでの間、自給自足をする。
また、精子は卵子までたどり着き卵子の外幕を破り受精するまで泳ぐ力をミトコンドリアから得ているのだ。

卵子、精子の老化は、ミトコンドリアが弱っている

卵子と精子は年齢を重ねるごとに老化が進み、徐々にその機能を失っていく。
「老化」とはクギが酸素に触れて錆びるように「酸化」した状態をいう。

錆びた釘と錆びた卵子精子

▲ 錆びた釘と錆びた卵子精子

「採卵してもグレードが低い」「受精しない」「着床しても流産してしまう」「精子の運動率が悪い」といった状況を改善するには、卵子・精子の質を改善する必要がある。

卵子の質が悪い例

卵子の質が悪い例

▲ 卵子の質が悪い例

例えば体外受精の場合、女性は卵子をhMG注射などによって無理矢理成熟させ、採卵を行う。そして採卵によって得られたグレード(質)の良い卵子を選別し、精子と受精させる。

本来であれば受精後、胚分割を繰り返しある程度に育ったところで子宮に戻し着床させる。しかし、体外受精の失敗の多くは「胚分割が止まってしまう」「着床しても胎児の発育が止まってしまう」事にある。
これが質の悪い卵子の大きな特徴である。

精子の質が悪い例

精子の質が悪い例 奇形精子

▲ 精子の質が悪い例 奇形精子

運動率が悪く受精まで到達できない。また、奇形精子の割合が高い。

イースタティックミネラルの強力な酸化還元力(抗老化力)

イースタティックミネラルの最大の特徴は強力な「酸化還元力」にある。

抗酸化

▲ 抗酸化

これまでの成分は、ビタミンCや各種ポリフェノール類、コエンザイムQ10といったいわゆる「抗酸化成分」がほとんどであった。しかし「抗酸化」はすでに酸化老化した細胞を、あくまで「これ以上老化させない」ということを意味している。

元気なミトコンドリア

▲ 元気なミトコンドリア

イースタティックミネラルは、ミトコンドリアに直接エネルギーを与え、持続的な中和(還元)反応で酸化物質を還元できる唯一の成分として、生殖細胞内ミトコンドリアの機能回復が期待されている。

ミトコンドリアを増やし活性化することで卵子と精子は若返る

▲イースタティックミネラル

▲イースタティックミネラル

ミトコンドリアの活発な分裂・増加を促すことで卵子・精子へのアプローチや機能回復を目指すイースタティックミネラル。
晩婚化による高齢出産が増えた現代において、生殖細胞ミトコンドリアに対し「抗老化」から「老化還元」という次のステップに進んだ重要な成分であると期待されるものだ。

卵子や精子の質を高め若返らせることができれば、妊娠の確率が高まり、不妊治療の期間短縮や、治療の費用を抑えることにもつながってくる。

不妊治療を実りあるものにするためにも、ぜひミトコンドリアの活性化に取り組んでいただきたい。

シンゲンメディカル株式会社・札幌研究所外観

2013年より日本でいち早くミトコンドリアと不妊の関係に着目し当社札幌研究所でミトコンドリアを活性化する食品の研究が行われてきた。それがイースタティックミネラルだ。

シンゲンメディカル札幌研究所
〒060-0819
北海道札幌市北区北19条西11 北海道総合研究プラザ

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス