2019年6月26日(水)  不妊症、不妊治療の最新情報

卵子力、精子力の低下原因1位は○○の弱体化

特に持病があるわけでもなく、避妊もしていないのに、なぜか子供ができない。
単にタイミングが合っていないことも考えられるが、この状態が1年以上も続くのであれば不妊症の可能性が高い。
そして、不妊症の80%以上が卵子力と精子力の低下が原因という。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵子力と精子力の低下の要因

なぜ卵子力と精子力が低下してしまうのだろうか。

女性の要因
1位 老化による卵子ミトコンドリアの減少や弱体
2位 冷えによる血液循環不良
3位 ストレスなどからくるホルモン異常

男性の要因
1位 老化で弱体化した精子ミトコンドリアよる運動率の低下
2位 ストレスによる精子量の低下
3位 飲酒、喫煙による酸化環境による精子量、運動率の低下

卵子力とは精子を受精させ着床する力と着床後、胚分割してく力をいいます。
習慣性流産も卵子力の低下によるものだ。

精子力とは卵子まで到着し、酵素によって卵子内に入り込む力をいいます。

卵子と精子の力を担っているのはそのエネルギーを生産するミトコンドリアに他ならない。
ミトコンドリアは言わば卵子と精子のエネルギー工場なのだ。
さらにミトコンドリアは抗老化、抗酸化にも大きく影響する。

加齢による卵子と精子の老化

卵子と精子は年齢を重ねるごとに老化が進み、徐々にその機能を失っていく。

その傾向が顕著になるのが35歳以上で、この年齢を過ぎると体外受精や顕微授精など高度生殖医療においても成功する確率がわずか30%程度にまで下がってしまうという。

しかし、一方で35歳を過ぎていても自然に妊娠できるカップルも存在する。その違いは何かというと、やはり卵子や精子が元気な状態に保たれているかどうかが大きいのだ。

卵子力と精子力の向上

卵子力と精子力を上げるには、ミトコンドリアの存在が欠かせない。

ミトコンドリアはもともと、人間の体内に備わっている細胞器官で、エネルギーを放出して卵子や精子にそのエネルギーを与え、卵子と精子の生殖機能を促すという重要な役目を担っている。

しかし、これもやはり年齢とともに減少してしまうので、意識して数を増やしていく必要があるのだ。

ミトコンドリアは、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動など規則正しい生活によって作られる。筋肉の中に多く存在するので、特に筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス