男性不妊
フーナーテストの結果をよくする方法

フーナーテスト(ヒューナーテスト)とは、性交後の子宮頸管粘液の中に残っている精子の状態を調べる検査で、健康保険が適用される。

フーナーテストやヒューナーテスト、性交後試験、性交後テストなどともいう。検査は、400倍視野の顕微鏡で精子を観察し、その数や運動量を測る。 続きを読む…

高齢出産
高齢出差の様々なリスクとは?

高齢出産

35歳以上の初産婦を指して「高齢出産」と呼ぶが、若いころとはちがい、やはり様々なリスクが付きまとう。 続きを読む…

高齢出産
高齢出産対策は何歳から始める?不妊症基礎知識

日本産婦人科学会の定義によると、高齢出産は「35歳以上の初産婦」とされている。ちなみに、超高齢出産という言葉もあり、その場合は50代以降の出産のことを指す。 続きを読む…

高齢出産
ダウン症リスクを下げる正しい高齢出産

「ダウン症」は、通常よりも染色体の数が多く、特有の身体的特徴や精神発達の遅れを伴って生まれてくる状態のことを指す。卵子や精子が作られる段階で染色体がうまく分離しないことが原因といわれており、今のところ根本的な治療法はまだ発見されていない。 続きを読む…

高齢出産
50代高齢出産のリスクと成功率

稀なケースではあるが、50代以降になって子供を授かる女性もいる。しかし、その割合は厚労省によると51万人中8人ともいわれ、この年になって妊娠・出産することがいかに難しいかがよく分かる。 続きを読む…

体外受精
30代の体外受精の平均成功率はどれくらい?

「体外受精」は、体内から取り出した卵子と精子を人工的に授精させ、分裂した胚を女性の子宮内に戻すという治療法である。

一般的に、タイミング法や人工授精を試しても妊娠しなかったカップルに試されるが、女性の年齢が高い場合はもっと早い段階で医師から体外受精を勧められるケースもある。 続きを読む…

高齢出産
40代の体外受精の成功率はどのくらい?

40代での成功率は?

体外受精は不妊治療の最後の段階であると言われているが、40代による妊娠はおよそ1割程度である。さらにそのまま無事出産まで至る女性となると、全国でも年に数えるほどしかいない。 続きを読む…

PAGE TOP