2017年8月17日(木)  不妊治療全般

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

AGEは不妊治療の失敗要因でもある?

AGEとは

AGEは、終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)と呼ばれ、「タンパク質と糖が加熱(糖化)されたことでできる物質」だ。この物質は体内でつくられたり、食事から体内に入ることで蓄積されていく。

AGEは「老化を早める原因」とも言われ、AGEの蓄積が多い場所ではその強い毒性によって、骨や内臓など全身に深刻な病気を起こさせる。そのため、AGEを溜め込まない生活習慣は重要だと言える。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

AGEが溜まる原因

AGEが蓄積される原因には、2通りのパターンがある。

1つは食事から体内に入るパターン。卵や牛乳などのタンパク質と、小麦粉などの糖を混ぜて加熱した料理などを食べた時である。代表的なものにホットケーキがあげられ、キツネ色の箇所に最もAGEが含まれている。

2つ目は体内でつくられるパターン。血中内の過剰なブドウ糖が細胞や組織のタンパク質と結びつき、体温の熱によって「糖化」が起こり生成される。
特に、食べ過ぎなどで糖や炭水化物を余分に摂り過ぎた場合などは、体内の血糖値が高い状態が長く続きやすいため、AGEがつくられやすい。

ほとんどのAGEは、消化時に分解されるが、一部のAGEは排泄されずに体内に蓄積されていく。

AGEの影響

タンパク質は全身に存在する。そのため、AEGがどこのタンパク質と糖化するかにより、引き起こす病気が異なってくる。
たとえば血管に蓄積した場合、血管の弾力がなくなり血栓ができやすくなる。動脈硬化を招くのはそのためだ。

また、「AGEの蓄積と不妊の関係性」も明らかになっている。
その研究は、体外受精を受ける女性を対象に体内のAGE値を測定する方法で行われた。その結果、AGE値が高値だった場合、体外受精の治療成績は悪化することが判明している。

AGEを溜めないために

AGEは、暴飲暴食でも蓄積しやすくなってしまうため、健康的な食生活を心がけよう。もちろん、それ以外にも適度な運動や十分な睡眠など、生活習慣の改善も忘れてはならない。

【食べ方のポイント】
一口30回程度を目安に良く噛む / ゆっくり食べる / 野菜・海藻類 → 肉・魚 → ご飯・パンの順に食べる / 栄養バランスの良い食事 / 腹八分目 / 甘いものは食後 / 食後(20~30分後)の軽い運動 / ストレスの解消  など
【生活習慣のポイント】
食後(20~30分後)の軽い運動 / ストレス発散 / 十分な睡眠の確保 / 禁煙 / 過剰な飲酒を避ける / 暴飲暴食は避ける   など

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、妊娠しやすい身体作りを心がけて欲しい。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不育症を改善して妊娠・出産する方法不育症を改善して妊娠・出産する方法 不育症とは、妊娠は可能だが死産や早産、流産を繰り返し生児に恵まれない状態をいう。 習慣流産とはほぼ同義語として使われるが、習慣流産は3回自然流産を繰り返すと定義されているこ […]
  • 鉄分不足による不妊症の対策鉄分不足による不妊症の対策 驚くことに、不妊症を疑って産婦人科を受診する女性の約9割が「潜在性鉄欠乏性貧血」を抱えているという。 詳しい検査をするまでは、かかりつけの医師ですら気付かないケースも多 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP