2017年1月17日(火)  不妊治療全般

デュファストン服用で基礎体温はどう変化する?


デュファストンは黄体ホルモン(プロゲステロン)を補うための薬「黄体ホルモン剤」の一つで、他にも黄体ホルモン剤にはルトラールという製品もある。

黄体ホルモン

黄体ホルモンは排卵後の卵胞が変化した「黄体」から分泌される女性ホルモンで、子宮内膜を厚く柔らかくするはたらきがあり、受精卵が着床しやすい環境を整える妊娠を望むためには欠かすことのできない女性ホルモンだ。

通常、排卵後は基礎体温が上昇する高温期にはいるが、ホルモンバランスの乱れなどにより黄体ホルモンが不足すると、基礎体温が上昇しない、または高温期が持続しない状態となり、その結果着床環境がととのわない不妊症となってしまう。

また黄体ホルモンが不足していると、生理不順さらには無月経と生理のリズムも崩れてしまう。

デュファストンの効果

デュファストンはこのような高温期が持続しない場合に体温を維持する目的や、生理のリズムを取り戻すためなどに一定期間、継続して服用される。

デュファストンそのものに直接体温を上昇させるはたらきはないが、黄体ホルモン(プロゲステロン)を補うことで、黄体ホルモン(プロゲステロン)がしっかりはたらき、その結果として高温期が持続できるという仕組みだ。

ただ、これら女性ホルモンの乱れには、ストレスや食事など生活環境が影響していることが多いという。

より妊娠しやすいカラダにするために

不妊治療とともに、日頃から妊娠しやすいカラダづくりを行うことも必要だ。なぜなら、妊娠するためには、質の良い卵子が絶対的に必要になるからだ。

いざ排卵が始まった時に、その卵子の質が悪ければ妊娠率は下がってしまう。だからこそ、卵子の質を高めるために、規則正しい生活が欠かせない。

規則正しい生活・バランスのとれた食事

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも、やはり規則正しい生活によって作られる。

特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

卵子の質の向上

卵子を活性化させたあと、ミトコンドリアはエネルギーが不足する。このエネルギーを補給しなければミトコンドリアは弱まり壊れてしまう。

そうなると、卵子もまともに機能しなくなるため、このエネルギーを補給する「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを摂るのもおすすめだ。

そうすることにより、ミトコンドリアが蘇り卵子も十分なエネルギーを受け取ることが可能になり、質が向上することになるのだ。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP