2017年1月20日(金)  不妊治療全般

当帰芍薬散と不妊症


当帰芍薬散とは

漢方の古典書である『金匱要略(きんきようりゃく)』に記載されている処方だ。血行を良くし、体をあたため、貧血症状を改善する。また、ホルモンバランスを整える効果も期待できる。

当帰芍薬散は、「当帰」と「芍薬」が成分の多くを占め、その他6種の漢方が加わっている。「当帰」と「川きゅう」には、血行を良くし、体をあたため、貧血症状を改善する作用がある。「芍薬」は生理痛・肩こりなどの痛みを緩和する。

また、「蒼朮」「沢瀉」「茯苓」は、漢方の代表的な利尿薬になり、むくみ症状を改善する。これらが「当帰」と「芍薬」に加わることで、相乗効果が生まれ、より効果を発揮するのだ。

当帰芍薬散の効果

体力虚弱・冷え症・貧血ぎみ・疲労しやすい・下腹部痛・月経不順・月経異常・月経痛・更年期障害・産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)・めまい・頭重・肩こり・腰痛・しもやけ・むくみ・しみ・耳鳴りなど。

不妊症でお悩みの方への効果

・排卵促進や血流の改善。
・子宮環境の改善。
・ホルモンバランスの調整作用。

当帰芍薬散の副作用

発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感、吐き気、下痢、肝機能の異常

胃腸がとても弱い方・食欲不振・吐き気・嘔吐・下痢などを起こしやすい方は、必ず専門医と相談する必要がある。

また、誰にでも当帰芍薬散が有効なのではないため、患者さんの症状だけでなく、体質も考えて処方しなければならないのだ。特に、体力旺盛な人に対しては、別の漢方薬を使用することになる。

当帰芍薬散の費用

treatment4716_01

ツムラ漢方 当帰芍薬散料


ツムラ漢方 当帰芍薬散料 エキス顆粒
内容量:24包(12日分)
価格:2,500円(税抜)
treatment4716_02

クラシエ当帰芍薬散錠


クラシエ当帰芍薬散錠
内容量:180錠
価格:3,000円(税抜)
treatment4716_03

コタロー 当帰芍薬散料


コタロー 当帰芍薬散料 エキス細粒(医療用)
内容量:42包(14日分)
価格:2,180円(税込)

当帰芍薬散料はツムラをよく見る。しかし、自分に合った漢方薬を選択することが大切になるため、専門医に相談して処方してもらうことが良い。体質に合わない漢方薬は副作用を起こしてしまう。

より妊娠しやすいカラダにするために

自分の体質に合った漢方薬を服用して体調を改善しつつ、妊娠するためのカラダづくりも平行して行うことも大切だ。卵子の質が悪い場合、受精しにくくなったり流産する可能性が高まり、妊娠しにくくなってしまう。

それを回避するためには、日頃の生活習慣の見直しを心がけてみよう。夜更かしや栄養バランスの乱れ、運動不足などが原因で卵巣機能が低下している可能性が考えられる。

また、卵子の質には、細胞の活性化を促すミトコンドリア数も深く関わっているため、筋力トレーニングをすると良いだろう。ついでに体温を上げることもできるため、一石二鳥だ。

さらに、「イースタティックミネラル」という成分が含まれたサプリメントを摂ると、ミトコンドリアに不足しているエネルギーを補給することができる。それにより、老化したミトコンドリアが蘇り、質が悪くなった卵子を回復させることができ、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がっていくのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 病院指導でのタイミング法病院指導でのタイミング法 「タイミング法」は、赤ちゃんが欲しいと思われている健康な夫婦や、不妊治療の初期段階で行われる治療法など、多くの方がチャレンジされる方法だろう。 日本でのタイミング法の費用は […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP