2017年1月17日(火)  不妊治療全般

妊活中にチョコレート嚢腫と診断されたら


チョコレート嚢腫と診断された場合

すぐに治療を行うことが望ましい。治療法には薬物療法と手術療法があるが、患者の状態やライフスタイルによって治療法は選択される。

治療法

手術療法

「病状を直接めで見て確認できる」「病変部位を除去できる」というメリットがあるが、「術創が残る」「入院が必要」「患者への負担が大きい」などのデメリットがある。

また、薬物療法には「患者への負担が少ない」が「治療に時間がかかる」「薬の副作用がある」といったデメリットがある。

薬物療法

「低用量ピル」、「プロゲスチン経口剤」、「GnRHa療法」がある。また、手術には「腹腔鏡下手術」と「開腹手術」がある。

妊活中の患者の治療法

以上の中で、妊活中の患者を対象とした治療法は、「腹腔鏡下手術」を挙げることができる。

卵巣を温存する場合は「囊胞核出術」及び「囊胞内面の蒸散・焼灼術」を選択する。ただ、年齢および子宮内膜症の進行度により不妊治療を優先する場合もある。

治療法によっては、進行度により医師と十分相談した上で決めることをおすすめする。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP