2017年1月19日(木)  不妊治療全般

子宮性の以外の不妊の原因とは


原因

女性不妊の原因として挙げられるのが子宮性不妊、卵巣性不妊、卵管性不妊、免疫性不妊、機能性不妊(原因不明不妊)などがある。

どの不妊原因にも共通してくるのが、加齢やホルモン分泌障害だ。ストレスや生活環境などの外的要因もあるが、それらはホルモン分泌に関係してくる。

更年期障害や月経前症候群などがあるように、女性はホルモンバランスに左右されやすい身体を持っている。

薬物療法などでホルモンを補充することも可能だが、薬には副作用が付きものだ。できることなら食事からホルモンバランスを整えていきたい。

ホルモンバランスを整えるには

共働きの夫婦が多い昨今では、食事の基本である「一汁三菜」を毎日摂ることが難しい。そういった時にはサプリメントをうまく活用することも大切だ。

手軽に摂れるという点から実際にサプリメンを使用している夫婦は多い。治療と栄養面を考えた食事を基本とし、補助としてサプリメントを併用するといいのではないだろうか。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP