2017年1月22日(日)  不妊治療全般

排卵日をピッタリ当てる自動計算ソフトで妊活


子供を望み、自然な流れで夫婦生活をもち数ヶ月経過して妊娠しない場合、不妊外来を受診する前に自分で排卵日を計算しタイミング法を行う方も多いだろう。

タイミング法

タイミング法とは過去の生理日から排卵日を割り出し、排卵日に合わせて夫婦生活を行うという方法である。

世界保健機構WHOでは不妊症は「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態」と定義されてはいる。

しかし、残念ながら6ヶ月程度避妊せず夫婦生活をもち妊娠しなければ、不妊症ではなくても妊娠しやすくはないということになってしまう。

そういった方は生理が決まった周期でないことが多いため、自分で排卵日を計算しても外れてしまうことが多い。

排卵日を計算して予測する

一つの方法として排卵日を自動で予測する無料自動計算ソフトを利用するという方法がある。
過去の生理日を入力するだけの簡単な使用方法だ。

最近のものでは排卵日を予測するだけでなく、排卵日前後の膣の酸性・アルカリ性まで計算し男児ができやすい日、女児ができやすい日などまで計算してくれるソフトまである。

利用は無料なので、一度試してみるのもいいのではないだろうか。

ウェルカムチェッカー

▼評価の高い関連記事

  • 誤解しがちな排卵日の常識誤解しがちな排卵日の常識 妊娠したい女性の多くが利用している基礎体温表。毎朝体温を計測して記録する、そうすることで妊娠に必要な排卵やホルモンの状態を把握できるメリットがある。 しかし、この基礎体温表 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP