2017年1月23日(月)  サプリメント

女性不妊サプリが危険な理由


不妊を改善するには、不足しがちな栄養素を取って栄養バランスを整えることも大切である。
厚生省も積極的にサプリの利用を呼びかけているが、使い方を誤るとかえって体に悪影響が出るので注意が必要だ。

たとえば、添加物の問題がある。効果ばかりが注目されてその含有成分にはあまり注意を払わないことも多いのだが、いい加減に作られたものほど添加物が多く配合されており、発ガン性や胎児の奇形などの恐ろしい結果を招くケースがあるのだ。

サプリを購入する際はパッケージの表示をよく確かめ、不自然に添加物の多いものは避けたほうが良いだろう。

摂取時の注意点

過剰摂取をすると副作用が出る心配もある。

食べ物からはあまり吸収の良くないものも、しっかり取れるのがサプリの良いところだが、それだけに結果を急いで多く取りすぎたり、複数のサプリの相性を考えずに飲んだりしてしまうと副作用も出やすい。

卵子は卵巣の中でじっくりと時間をかけて育ち、新しい卵に生まれ変わる周期は3ヶ月といわれている。焦ってサプリを乱用するのではなく、少しずつ体質を改善するつもりで取り組んでいこう。

サプリは栄養素の補助

サプリは、あくまでも足りない栄養素の補助。基本的に、体に必要なものは食べ物から取るのが一番だ。自分の体の状態を知り、不安な点をノートに書き出してみよう。

その上でまず、足りない栄養素を多く含む食材を調べ、積極的に献立に加える。

成分によっては調理の過程でほとんど失われてしまうものもあるが、栄養成分表などを利用すればだいたいの摂取量は分かるだろう。そして、どうしても食事だけでは足りないものをサプリで補給するのが本来の使い方である。

オールインワンサプリメント

できれば、妊活に良い成分全てを効率よく摂取したいところではあるが、全てを満足に摂取することはなかなか大変だ。それぞれバラバラに摂取しようとすると当然その分費用もかさんでしまう。

また不必要な成分を余分に摂取することになったり、何より数が増えるとその分精神的にも負担だ。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療中のDHEA使用の注意点不妊治療中のDHEA使用の注意点 DHEAとは このDHEAは、「デヒドロエピアンドロステロン」という成分を補給して、男性ホルモンや女性ホルモンの働きを活性化させてくれる働きを持っている。そのため、「若返りの薬 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP