2017年1月20日(金)  サプリメント

妊活サプリの危険な副作用


体質を改善し、妊娠しやすい状態に整えてくれるとして人気の「妊活サプリ」。だが、使い方を誤ると危険な副作用が現れることがあるので注意が必要だ。

特に多いのが、一度にいろんなサプリを飲みすぎて添加物の摂り過ぎになっているケース。
一つひとつは体に良くても、結局害になってしまっては元も子もないので、飲み合わせには十分に注意してほしい。

サプリの特徴を知る

妊活サプリの持つ効果を最大限に発揮するには、それぞれの栄養素の特徴を知り、バランスよく組み合わせること。

たとえば、貧血を改善するにはヘム鉄のサプリが有名だが、これだけでは赤血球を作り出す力が弱いので、サポート役として葉酸やビタミンB12も一緒に摂るとより効果が増す。

このように、お互いを生かし合う併用の仕方なら問題ないので、ある程度の知識は必要だろう。

注意すべきこと

気をつけたいのは、妊活に良いと言われる成分をサプリメントで何種類も摂っていると、不必要な成分を余分に摂取することになったり、過剰摂取の不安もある。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療中のDHEA使用の注意点不妊治療中のDHEA使用の注意点 DHEAとは 「若返りの薬」として注目を浴びているDHEA。 思春期頃には活発に分泌されるが、40代になる頃には約半分にまで減ってしまう「デヒドロエピアンドロステロン」という […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP