2017年1月21日(土)  サプリメント

女性ホルモンを増やすためのマカ使用法


女性ホルモン

女性が妊娠をするためには、生理が順調で子宮の状態が良くなければ難しい。
これらをコントロールしているのが「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンと「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンであり、これは女性ホルモンの一種である。

しかし、女性ホルモンは加齢やストレス、不規則な生活習慣などによってどんどん失われていくので、生殖機能が衰えて妊娠の可能性は低くなる。

そのため、外部からなんらかの刺激を与えて分泌を促す必要があるのだが、最近注目を集めているのが「マカ」と呼ばれる植物なのだ。

マカは気象条件の厳しい高度4,000メートルの場所で栽培されており、大地の栄養を全て吸い取ってしまうことから、マカを栽培した後の土地にはその後数年は作物が育たないと言われている。
それだけに栄養価は非常に高く、体の状態を整える力も強い。

女性ホルモンの分泌を促すには、脳から卵巣に「もっとホルモンを出せ」という信号が送られることが必要なわけだが、マカに含まれるビタミンB6にはこの神経伝達物質の生成を助ける力がある。

また、アルギニンには体内のホルモンの分泌を促進させる効果があり、生殖器官のホルモンを活性化して妊娠に必要な機能を整えてくれるのだ。

マカの選び方

このように、女性ホルモンの分泌に大きな影響を与えるマカであるが、効率的に摂取するにはサプリメントが一番手軽である。

といってもその質には大きなばらつきがあるので、無農薬で栽培したマカを原料に使用しており、凝固材の含有量が少ないものを基準に選ぶと良いだろう。

粒状のサプリメントの状態にするためには凝固剤を使う必要があるが、中には肝心のマカがほとんど含まれていない粗悪品もあるので、購入前には必ず成分表示を確認しよう。

また近年高齢出産向けの海外人気サプリメントのDHEAも女性ホルモンの分泌を促進するが、なにぶん海外基準のサプリである事や個人輸入のトラブルが後を絶たない。

そこでマカ以外に強力な女性ホルモンに作用し、卵子の若返りを促進する成分が「ジオスゲニン配糖体」と「アグリコン型イソフラボン」だ。

ジオスゲニン

山芋から取れる成分で、ホルモン環境を整えることができる。ホルモンバランスの調整や改善に使用されている医薬成分DHEAの代替成分として注目されている。

・女性への作用

卵胞の成熟から排卵・着床まで様々なはたらきをする女性ホルモン・エストラジオールの活性。さらに、着床環境の生育に欠かせない黄体ホルモン(プロゲステロン)の活性に働きかける。

・男性への作用

精子の形成や興奮作用のある、神経伝達物質・ドーパミンの増加に必要な男性ホルモン・テストステロンの活性に働きかける。

アグリコン型イソフラボン

イソフラボンは、主に大豆の胚芽に含まれるフラボノイドの一種だ。ジオスゲニンと同じように女性ホルモンや男性ホルモンに深い関わりを持つ。

また、「アグリコン型」は、糖がすでに外れている状態のため、腸内細菌のはたらきに左右されず、効率よく吸収が可能だ。それにより、女性ホルモン・男性ホルモンの機能をスムーズにしてくれる。

・女性への作用

卵巣ホルモンとも言われるエストロゲンに似た分子構造を持ち、子宮内膜の厚み保持、排卵のタイミングを調整する働きを持つ。

・男性への作用

血管を拡張し血流を促進させる。さらに自律神経を安定させる働きを持つ。

この2つの成分を摂り、さらに「イースタティックミネラル」も併用して飲むことで、体内のミトコンドリアを活性化させ、細胞自体を回復させることで、相乗効果が生まれる。

ぜひ、続けて摂取していただきたい3大成分だ。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療中のDHEA使用の注意点不妊治療中のDHEA使用の注意点 DHEAとは 「若返りの薬」として注目を浴びているDHEA。 思春期頃には活発に分泌されるが、40代になる頃には約半分にまで減ってしまう「デヒドロエピアンドロステロン」という […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP