2017年1月21日(土)  卵子対策

チョコレート嚢腫でも質の良い卵子を作るために


チョコレート嚢腫

子宮の内側を覆っている子宮内膜がなんらかの原因で子宮外に飛び出し、卵巣に病巣を形成したものが生理のたびに出血を繰り返してできるものを言う。

見た目がまるでドロドロに溶かしたチョコレートのように見えることからこの名前が付けられている。

現れる症状

チョコレート嚢腫になると、生理痛や性交痛・骨盤の痛みなどが現れる。
そのまま放置しているとだんだん卵巣内で病巣が広がっていき、卵子が成長できるだけのスペースが狭くなって、採卵できる卵の数が少なくなってしまう可能性があるので要注意だ。

しかし、数は少なくても、今のところチョコレート嚢腫が卵子の質そのものに影響することはないと考えられているので、残りの卵子を大事にすれば妊娠は十分に可能ということだ。

卵子の質を上げるために

ストレス・冷え性

ストレス・冷え性は、いずれも子宮内膜症の原因となるので、チョコレート嚢腫の発症を防ぐためにも早急に改善する必要がある。もちろん、卵子の質にも影響を与えていることは言うまでもない。

ミトコンドリアの活性化

卵子の質には、ミトコンドリアの存在が深く関わっている。
これはもともと人間の体内に存在している物質で、エネルギーを放出して細胞を刺激しその成長を促す役目を担っているのだが、年齢とともに数が減り、十分なエネルギーが出せなくなってしまう。

また、ミトコンドリアは規則正しい生活によって作られるので、夜更かしや添加物だらけの食事・運動不足などが続いていればやはり減少してしまう。元気な卵子を作るために、少しずつでも良いので生活習慣を変えていこう。

筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると効果的だ。

また、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するにはイースタティックミネラルを含むサプリメントを取り入れると良いだろう。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP