2017年1月23日(月)  卵子対策

妊活の基本は卵子力を高めること


妊活とひとことで言っても、巷にはさまざまな方法があふれているが、特に女性の30代後半にさしかかっての妊娠に欠かせないことは“卵子力”を高めることだろう。

卵子力を高めるために

若い頃は元気だった卵子も、年齢を重ねるごとに機能が衰えて老化してしまう。数が減ることは止めようもないが、質を維持することは努力次第で可能なので、できるだけのことはしておこう。

卵子の質にはミトコンドリアが深く関わっており、この細胞器官が放出する「ATP」と呼ばれるエネルギーが足りないと、細胞への刺激が足りず十分に成長することができない。

ミトコンドリアは、年齢を重ねるうちに不規則な生活習慣や活性酸素などによって傷つき、その数を減らしていくため、自然妊娠しにくくなる30代に差しかかったら、意識してミトコンドリアを増やす努力をしよう。

ミトコンドリアを増やす方法

・早寝早起き
・栄養バランスのとれた食事
・適度な運動

ミトコンドリアは筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると効果的だ。
また、不足したエネルギーを補給するイースタティックミネラルという成分を含むサプリメントを取ると、女性は卵子、男性は精子を活性化させることにつながる。

また、「イースタティックミネラル」は、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるという理由もあり、受け入れられているようだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP