2017年7月25日(火)  男性不妊

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

男性不妊の原因は前立腺にある?

「前立腺」は、男性の膀胱の真下にある栗の実のような形の臓器である。ちなみに、女性の体には備わっていない。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

男性不妊の要因

慢性前立腺炎

長時間のデスクワークや乗り物での移動など、前立腺に物理的な刺激を与え続けたり、疲労やストレスがたまったりすると「慢性前立腺炎」となり、排尿障害・足の付け根まわりの鈍痛などの症状が現れる。

人によっては全くそうと気付かないほど症状が軽いので、検査のきっかけがなければ、自分が慢性前立腺炎にかかっていると気付かないケースも多い。

ED(勃起不全)

慢性前立腺炎はED(勃起不全)を引き起こすので、夫婦生活の妨げとなる。完治までに数年を要する人も多いので、なるべく前立腺の周囲を圧迫しないように気を付けて発症を防ごう。

前立腺肥大

「前立腺肥大」も男性不妊の原因となる。年齢とともに発症率が高くなる病気なので、30代を過ぎてから子供を作ることも多い現代人にとっては決して他人事ではない。

この病気について詳しい原因はまだ分かっていないが、おそらく年齢とともに男性ホルモンの分泌量が減ることが影響しているといわれている。

主な症状は排尿障害で、前立腺が肥大することによって精子をうまく運べなくなり、射精に勢いがなくなって不妊の原因となる。

前立腺がん

治療法には放射線療法やホルモン療法などがあるが、患者の年齢が若かったり、がんの悪性度が高かったりする場合には外科手術で摘出することがある。

この時、前立腺の周囲にある勃起に関わる神経も切除すると、合併症として勃起障害を引き起こしてしまう。そのため、このような手術の場合は事前に患者の妻も交えて、同意のもと行う。

男性不妊を避けるために

男性不妊以外にもがんなどの疾患になる可能性もある前立腺。
出来るだけ下記のことを心がけて過ごすようにしよう。

・長時間のデスクワーク、運転などでは細めに動くようにする
・疲労やストレスは残さないようにする
・ノートパソコンなどを膝の上に置いての作業、ズボンのポケットへ携帯電話を入れることは避けるようにする
・男性ホルモンを整えられるような栄養(マカなど)をバランスよく摂り入れる

食事内容で不足だと思われる栄養素については、サプリメントで手軽に補えるため、飲用している方は多いようだ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 男性不妊の治療方法男性不妊の治療方法 男性不妊の治療 「男性不妊治療」は、まだ世間に認知されていないようだが、医療技術が進んできている分野なのである。夫婦で協力する妊娠・出産だからこそ、不妊治療も夫婦で協力し合うこ […]
  • 男性不妊の原因男性不妊の原因 男性不妊の原因と種類 男性不妊の原因の約90%が「造精機能障害」だと言われている。造精機能とは、精子をつくり出す機能であり、この機能自体に問題が起こることで、精子を作れなくなる […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP