2017年1月20日(金)  体外受精

体外受精の凍結胚移植について


凍結胚移植とは

採卵・採精した卵子と精子を受精させ、その受精卵を一旦凍結して、次の周期かそれ以降の周期に融解させて子宮に戻すことを言う。

また、現制度において凍結胚移植の場合も、移植時に助成金申請の対象となる。

メリット

・余ってしまった胚を凍結しておくことで、次の周期でも移植できる。
・身体に負担がかかる排卵誘発剤の使用・採卵を繰り返さなくていい。
・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の回避。
・1回の採卵で複数回の移植チャンスが増える。

デメリット

・凍結・融解や保存などのコストがかかる。
・胚にダメージを与える可能性がある。

*日本の凍結技術はトップクラスのうえ、「超急速ガラス化法※」を採用しており、胚の生存率は約95%と言われている。妊娠・出産に関しても、出生児への悪影響は、現在まで報告はない。

※ガラス化法:凍結保護剤と組み合わせることで、常温〜-196℃まで水と溶液をガラス化状態にする。それにより、細胞の損傷なく卵子を凍結することが可能。

凍結胚移植の方法

凍結胚移植には、「ホルモン補充周期」に行う方法と「自然周期」に行う方法と2つある。

自然周期

ホルモン補充を行わず、自然排卵後に移植する方法。月経周期が安定しており、自然に子宮内膜が十分な着床環境に育っていることが条件となる。

ホルモン剤を使わないが、着床に適した時期にずれが起こってしまう場合があるため、最適な移植タイミングを決めるための通院回数が多くなる。

ホルモン補充周期

自然な排卵を抑え、卵胞ホルモンと黄体ホルモンをコントロールして子宮内膜を育てて移植する方法。

月経周期が不安定な方は、子宮内膜が十分な着床環境に育ちにくい場合が多いため、ホルモン補充周期の方法が適応されることが多い。

さらに、ホルモン補充によってコントロールしているため、胚移植スケジュールも立てやすくなる。

凍結胚移植の成功率

新鮮胚移植と凍結胚移植の妊娠率を比較すると、凍結胚移植の方がその数値は高い。その理由は、子宮内膜が十分な着床環境に育っている状態で胚移植ができるという点だ。

日本産婦人科学会が発表している平成23年度の治療データでは、新鮮胚を用いた移植あたりの妊娠率はART全体で21.9%、妊娠数は14,255。それに対し、凍結胚を用いた移植あたりの妊娠率は33.7%、妊娠数は27,364となっている。

凍結胚移植のスケジュール・妊娠判定

各クリニックにより基本方針があるため、スケジュールはその都度、通院中のクリニックへ確認が必要だ。
ivf3442_01
1:月経1~5日目に来院。超音波検査を実施後、約3週間前後の間ピルを飲用。遺尿終了後、約5日後に来院。

2:ホルモン剤を2週間使用後、子宮内膜が十分な厚みになっていることを確認した後、黄体ホルモンを開始。

3:受精卵をどの段階で凍結したかにより、図に記載されている「3」〜「5」間の日に胚移植を実施。
※SEET法を行う場合は、図の「1」〜「4」の日に実施。

4:黄体ホルモン開始日から12~15日目前後が妊娠判定となる。

【 SEET法とは 】
1:前準備として、受精卵をシャーレ上でで5日間培養し、胚盤胞の状態まで育てる。胚盤胞に育ったら、この受精卵を一旦凍結保存。この際、受精卵を培養するのに使用した培養液(受精卵からのエキスを含む)も別に凍結する。

2:移植を実施する周期に、あらかじめ凍結しておいた培養液を融解して子宮の中に注入。この培養液に含まれている受精卵からのエキスに含まれる物質により子宮は刺激を受け、胚を受け入れやすい(着床しやすい)状態になるよう準備を開始する。

3:培養液を注入した2〜3日後に、胚盤胞を1個移植する。

凍結胚移植においても大切なのは質の良い卵子と精子

体外受精を成功させるためには、病院での治療を受けると同時に、毎日の生活に気を配って妊娠しやすい環境づくりを心がける必要がある。

妊娠しやすい環境づくりとは、「質の良い卵子と精子」を作ることはもちろん、女性は「着床環境を整える」ことも含まれる。

そのためには、少しでも妊娠しやすい体質に変えるために、生活習慣を見直すことも大切だ。妊娠しやすいカラダづくりは規則正しい生活から作られる。

生活習慣・食事などの改善

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

身体の冷えや運動不足などの解消

着床が継続するためには、子宮内膜に十分な厚みがあることが大事である。この子宮内膜は「黄体」の機能が十分に働いていることが必要であり、この黄体の機能が不十分だと、黄体ホルモンの分泌も不十分になり、妊娠するために十分な子宮内膜が形成されない。

着床しやすい体質をつくるためには、身体の冷えや運動不足など生活習慣の見直しが必要である。また、ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れないように気をつけよう。

さらに今注目されている、女性ホルモンの調整や分泌促進に効果があるという「ジオスゲニン」や「アグリコン型イソフラボン」といった天然食品成分から抽出したサプリメントもおすすめだ。

生活習慣の改善のために、十分な睡眠や毎日の食事に加えて健康食品やサプリメントによるバランスのよい栄養摂取も検討すべきだろう。

精子や卵子の質の向上

卵子と精子にはその機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっている。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官だ。

しかし、このミトコンドリアは体に良くない生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまう。

そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなるのだ。では、いかにして妊娠するための機能を保たせるのか。

ミトコンドリアの活性化

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道だ。方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられる。

だが、より卵子や精子の質を上げたいのであれば、日常生活の改善の他にも、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを併用することをおすすめする。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体外受精 体内で受精が難しいと考えられる場合に行われる方法で、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行う。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP