2017年1月23日(月)  体外受精

不妊で養子を迎える前に試す3つのこと


不妊治療を長く続け、それでも子供を授かれなかった場合、養子を迎えることも最終選択肢の一つとしてあるのではないだろうか。

しかし周りに養子を迎え入れた人がいなかったり、養子を迎えていたとしても日本ではネガティブなイメージがありオープンにしないケースが多い。

そのため、養子においての情報に詳しい人はほとんどいないのだ。

養子の実情

日本の養子の実情だが、一言でいうととても難しい。
児童相談所に登録をしても、一度も打診がないケースが70%以上だというのだ。

養子の場合、男児より女児を望む夫婦が多く、年齢も低い児童を望む夫婦が多いため0歳児女児という条件を希望した場合、養子を迎えられる可能性はほとんど0%なのである。

不妊治療の最終手段と考えられている養子縁組が、実際は実子を授かる以上に厳しいという現実があるのだ。

そのような理由から、養子を検討する前に実子を授かるため下記を試してみてはどうだろうか。

高度生殖医療を開始する

体外受精や顕微鏡受精などが当てはまる。

一時的に不妊治療を中止する

不妊治療を続けていると精神的・金銭的不安が蓄積されてくるため一旦不妊治療を中止しリフレッシュする。半年後から再開し、すぐに妊娠したというケースも意外と多い。

精子と卵子の質を上げ、着床環境を整える

不妊治療はタイミング法など排卵に対するものが多いため、食事を見直し、足りない部分はサプリメントなどで補い精子と卵子の質を上げる。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP