2017年3月28日(火)  体外受精

胚移植から着床までの日数はどれくらい?


「胚移植」は体外受精や顕微授精をする際に行われるもので、取り出した卵子と精子が受精して細胞分裂を始めるタイミングで女性の子宮内に移植し、着床を試みる治療法だ。

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

着床から妊娠までの日数

着床までにはだいたい3~5日ほどかかるといわれており、成功したかどうかはHCG値を測定して判断する。(HCGは胎児の胎盤から分泌される物質)

その後、さらに2週間ほどの期間をおいて妊娠しているかどうかの検査を行い、陽性反応が出れば無事胚移植成功となるわけだ。ちなみに、妊娠5週目に入ってから胎嚢が確認されると、そこで初めて臨床的な妊娠と診断される。

胚移植の成功率

胚移植の成功率は、一回あたり20~40%程度といわれている。患者さんの年齢が上がればそれだけ卵子や精子の質が悪くなるので成功率はさらに下がり、40歳を過ぎるともうほとんど可能性は残されていない。

あまり自分の体に関心を払ってこなかった人ほど「不妊治療をすれば簡単に妊娠できる」と思い込んでいる傾向があるが、妊娠・出産ができる年齢には限界があるのだということを知っておこう。

ちなみに、子宮内膜に胚が受精するのに適したタイミングを「着床の窓(インプランテーションウィンドウ)」と呼ぶが、これは開いてから3~4日たつと再び閉じてしまう。

そのため、3日目胚なら同じく高温期の3日目に移植するといった感じでタイミングを合わせていかないと、せっかくの胚が着床に至らず無駄になってしまうケースも多いのだ。

タイミングをしっかり合わせるため、最近では新鮮胚ではなく凍結しておいた胚を使う人も増えている。ただこれも、現在の医学では着床の窓が開く時期を正確に予測することは難しいので、新鮮胚に比べればわずかに成功率が上がるという程度のことでしかない。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 体外受精とは?体外受精とは? 体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 最も一般的に行われるのは胚移植(IVF)で、その他に、GIFT(配偶 […]
  • 体外受精で欠かせない自己注射体外受精で欠かせない自己注射 体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。 ▶︎“卵子 […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP