2017年1月23日(月)  高齢出産

高齢出産はダウン症の確率がどのくらい高い?


日本では出産時に35歳以上となる場合、高齢出産となる。近年では高齢出産の割合が増加しており、およそ5人に1人が高齢出産と言われている。

35歳以上と定義される理由は、女性のからだの変化でみてとれる。卵巣機能の低下、いわゆる妊娠しやすい質の高い卵子がきちんと排卵されにくくなる。また、早産や流産する可能性が高くなるのだ。

さらに、問題とされるのが染色体異常の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高くなること。

女性の年齢とダウン症の確率

染色体が1本多いダウン症候群は、加齢と共に確率が増加し、30歳では1/700だが、35歳では1/300と増し、40歳では1/80になると言われている。
こういった理由で、特に35歳以上の初産には注意が必要なのだ。

デメリットが目立つ高齢出産だが、メリットもある。
それは、これまで仕事が忙しく晩婚化した女性であれば、経済的な余裕があったり、ある程度人生経験を積んできたため、精神的なゆとりがもてるなどだ。

質の高い卵子を育てることが高齢出産に向けた準備

卵子の質に関して諸説あるが、卵子そのものを良くするのではなく卵子の元となる細胞(ミトコンドリア)へ働きかけ良い卵子を育てることだ。

貴重な排卵を無駄にしないためにも、質の良い卵子を育てることが大切になる。
また、そうすることで高齢出産のリスクも回避が可能なのだ。

では、そのミトコンドリアへ働きかけるにはどうすべきか。

ミトコンドリアの活性化

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことは大切だ。ミトコンドリアは、規則正しい生活によって作られる。

特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

卵子の質の向上

卵子を活性化させたあと、ミトコンドリアはエネルギーが不足する。このエネルギーを補給しなければミトコンドリアは弱まり壊れてしまう。

そうなると、卵子もまともに機能しなくなるため、このエネルギーを補給する「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを摂るのもおすすめだ。

そうすることにより、ミトコンドリアが蘇り卵子も十分なエネルギーを受け取ることが可能になり、質が向上することになるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • 卵子のミトコンドリアへ効率的にアプローチする、イースタティックミネラルとは 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 高齢の不妊治療のリスクまとめ高齢の不妊治療のリスクまとめ 高齢の不妊治療リスク 不妊治療は、女性の体に大きな負担がかかる。たとえば排卵誘発剤によるOHSSだ。これは「卵巣過剰刺激症候群」と呼ばれるもので、薬の影響で卵巣が膨れ上がり、腹 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP