2017年8月18日(金)  不妊治療アドバイス

生理予定日に妊娠検査薬を使ったら線が出ました!

2016年11月1日 / 東京都A・T様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:33歳
夫:36歳
不妊治療の期間は? 3か月
不妊治療にかかった費用は? 3-4万円
不妊治療で使用したお薬は? クロミッド
不妊治療の内容は? 検査とタイミング法

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

とにかく調べまくった結果こちらのおめでた報告の口コミにたどり着きました。不妊治療のクリニックで特に異常はなく安心したものの、タイミング法2回目ですぐいやになり投げ出してしまいました、、それから約半年後の自然妊娠でした。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

35歳からの妊活と不妊治療をがんばってる方のブログでイースタティックミネラルが紹介されていて、その方も妊活2年後に飲み始めて3本目で妊娠されていたので、これだ!と。タイミング法でもクリニックではお金はかかるし、会社も休んだり遅刻してお給料は減るし、トータルコストならイースタティックミネラルのほうが安くて直接細胞に働きかけるから良いかも!?と考えました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

○漢方やサプリ類を欠かさず飲むこと。
風邪になり、ある病院にいったところ漢方を出してくれる先生でしたので、私の母が妊娠したときに飲んでたというツムラのトウキ芍薬散と、ビタミンE錠剤を処方してもらいました!母なのである程度体質似ているだろうと。それとイースタティックミネラル。毎日せっせと飲みました。
トリプルで効いた!!と確信しております。妊娠してからは速攻鉄分+葉酸サプリを定期注文して飲み始めました。妊娠前から葉酸は必要だそうですね。

○夏でも殆ど毎日靴下を履いて上着も羽織って冷やさないよう気を付けていました。

○鍼には行きませんでしたが、鍼治療を受けていた友人が先生に言われたのは東洋医学的に「夜に食べた甘いものが子宮を冷やす」そうなので、夜に食べないよう心掛けました。その食生活?は妊娠後も続いているので良いきっかけになったかもしれません。

実際に実践した気分転換方法

趣味に没頭すること。ガーデニングと、あちこちの体験クラスでヨガやダンスやエアロビに打ち込みました!飽きっぽいので会員にはならず体験だけおいしいとこどり(^^;汗もかいてスッキリ、体温も高くなるし、なにより妊活のモヤモヤが霧散されます!
下半身をよく使う動きをすると、夜、子宮あたりがじわーっと暖かくなるのを実感しました。妊活中は運動は控えがちになる方が多いかもしれないけれど、運動は体だけでなく心の健康のためにもとってもいいと思います。

妊娠が分かった時期

不妊治療クリニックにいかなくなってからずっと使っていなかったけれど、なんとなく測るかな……と生理予定日に妊娠検査薬を使ったら線が出ました。初めて線が出たので、これってなんだっけ?とフリーズしました。兆候は全くありませんでした。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

毎日いろんなことにがんばっている方ばかりだと思いますが……がんばりすぎないで(*^^*)
不妊治療もいやになったら一度お休みしたり、思いきってラクな仕事に変えたりして、リラックスした毎日を送るのが一番かなと思います。必ずコウノトリが来てくれます!

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP