2017年10月19日(木)  不妊治療アドバイス

夫の協力が支えになり今まで以上に夫婦の絆を感じられました

2016年11月1日 / 愛知県E・S様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:37歳
夫:38歳
不妊治療の期間は? 2年9ヶ月
不妊治療にかかった費用は? 180万円
不妊治療で使用したお薬は? HMG、HCG
不妊治療の内容は? タイミング、人工受精、体外受精、顕微受精

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

生理不順だったので病院指示でタイミング開始するも妊娠せず。年齢のこともあり、どんどんステップアップし人工受精→体外受精→顕微受精にて妊娠する。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

体外受精で採卵しても数が少なく、移植できるまでの受精卵がなかなか育たなかった。陽性反応も2回あったが化学流産になってしまったので卵子の老化を考えて、ダメもとで試してみようと思った。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

体を冷やさないために冷たい飲み物をなるべく飲まないようにしたり、手首や足首を冷やさないようにした。できるときにウォーキングをした。

実際に実践した気分転換方法

妊活も含めて鍼灸に通った。施術中寝てしまうほどリラックスできるし、体も血流がよくなった気がした。

妊娠が分かった時期

顕微受精の判定日より2日前に自分で早期妊娠検査薬で陽性反応がでた。生理前と同じような腹痛があったが、他は特に変わりなし。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

不妊治療をしていた時は終わりが見えず不安になることがよくありました。そんな時、夫の協力が支えになり今まで以上に夫婦の絆を感じられました。大変な事もあると思いますが、自分たちを信じて頑張ってください。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP