2017年8月17日(木)  不妊治療アドバイス

すこしずつ疑問や不安を解消できてきました。

2016年10月01日 /京都府Y・O様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:41歳
夫:41歳
不妊治療の期間は? 1年
不妊治療にかかった費用は? 160万円
不妊治療で使用したお薬は? クロミッド、フォリスチム、ゴナール、デュファストン、ジュリナ、当帰芍薬散
不妊治療の内容は? 不妊検査をしながらタイミング法2周期、人工授精2周期、体外受精2回、顕微授精1回

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

40歳で知り合いどちらも子どもを望んでいました。入籍と同時に不妊治療をスタート。その後体外受精へ進みましたが、連日注射の治療で妻が体調を崩し、自然周期採卵が主体の他県クリニックへ転院しました。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

妻41歳3ヶ月、4ヶ月での自然周期採卵時に2度変性卵が続き、1つも採卵ができませんでした。卵子の質を改善したく、イースタティックミネラルを試してみることにしました。イースタティックミネラルを飲み始めた月の採卵では(クロミッド+回数は抑えた注射はあり)7つ採卵、うち 5つが胚盤胞に到達しました。今回その凍結胚のうち1つを移植し、着床→心拍確認に至りました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

愛犬との散歩など日常的に運動を続ける。季節に応じた食材や雑穀・玄米を調理し食べる。5本指靴下の重ね履きや腹巻、冷たいものを避けるなど冷え防止。移植直前には鍼灸にも通いました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

胚移植から7日後の妊娠判定日、血液検査でわかりました。チクチクした下腹部の痛みと、昼夜問わず眠気が続いていました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

不妊治療は心身共に辛いことも多く、落ち込むことも多々ありましたが、夫や主治医と話し合いを積み重ね、すこしずつ疑問や不安を解消できてきました。一生懸命治療をがんばっている人ほど、苦しい思いも経験されるのだと思います。お腹にやってくる赤ちゃんのためにも、日ごろの2人のがんばりを認めご自分たちをいたわってあげてくださいね。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP