2017年8月17日(木)  不妊治療アドバイス

一番大事なことは、「妊活に前向きに取り組むこと」

2016年10月01日 /神奈川N・N様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:30歳
夫:30歳
不妊治療の期間は?
不妊治療にかかった費用は?
不妊治療で使用したお薬は?
不妊治療の内容は?

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

私達夫婦が子作りを始めたのは2年前のころです。結婚後、1年間は二人の時間を楽しもうということで、子供は作らず過ごし、その後、子作りを始めることとしました。しかし、思ったほど簡単に授かることもなく1年を過ぎてしまい、段々と焦りが出てきて、本格的に妊活を始めることにしました。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

1年間基礎体温を測り、自分達なりにタイミング法を実施し、他のサプリメントを飲んでいたところ初めての妊娠に至ったのですが、喜びも束の間、妊娠9週で流産に至ってしまいました。そして「今度こそは!」っと思いすがる気持ちでイースタティックミネラルを飲むことにしました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

「冷えは大敵」ということで、冷たい飲み物を避けるようにし、毎朝白湯を飲むことを週間にしました。その他、基礎体力をつけるためウォーキングとスクワットを日課としていました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

生理予定日を過ぎたくらいから胃がムカムカしてきたことと、基礎体温が高まっていたことからまさかと思い、生理予定日の3日後に妊娠検査薬を実施したところ早くも陽性反応がでました。2週間程様子を見てから病院を受診したところ、無事に正常妊娠との診断がでました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

妊活は長い道のりです。私自身も生理が来るたびに泣き、友人や芸能人の妊娠報告を聞くと、「なぜ私はできないの」と、周りの人と比較ばかりをしていました。その度に主人が「絶対に授かるから大丈夫」と私を励ましてくれ、夫婦二人で頑張り続けました。
私達は夫婦でイースタティックミネラルを飲み続けると共に、基礎体温、鍼治療(私のみ)に通ったりもしました。一番大事なことは、「妊活に前向きに取り組むこと」だと思います。私自身何度も泣いたことは事実ですが、夫婦で支えあい、色々な妊活を楽しみながら実践するようにしていました。
イースタティックミネラルを飲用している方や検討している方の中には、妊活で体も心もボロボロという方も少なからずいると思いますが、決して下を向かず、必ず道は開けると信じ、頑張って下さい。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP