2017年1月23日(月)  不妊治療アドバイス

今のこの努力は無駄ではないことを信じてください。


2016年9月21日 /静岡県K・I様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:35歳
夫:35歳
不妊治療の期間は?
不妊治療にかかった費用は?
不妊治療で使用したお薬は?
不妊治療の内容は? タイミング法

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

付き合って7年目で結婚し、1年半ほど赤ちゃんができませんでした。私は病院で検査をし、特に異常はないとのことでしたが、排卵が早めだということが分かりました。
排卵が早い理由は卵子の老化が原因だとネットで調べて知り、イースタティックミネラルを飲み始めました。飲み始めて1ヶ月で排卵が以前より遅くなりました。しかし、それでも赤ちゃんができなかった為、旦那さんにも飲んでもらってやっと授かることができました。今3ヶ月です。まだまだ不安はありますが、今夫婦共にとても幸せです。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

排卵が早いと分かったから。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

特に何も気をつけていませんでした。ストレスを溜めないことと、毎日旦那さんと仲良しでいることを心掛けていました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

生理予定日2日後に検査薬で分かりました。兆候は着床出血があったことと、生理前の下腹部痛がいつもより早めに出現したことです。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

本当にこれ(赤ちゃんができないこと)がいつまで続くんだろうと、憂鬱になることもありましたが、毎日考えすぎず、旦那さんともしっかり話し合ってきました。赤ちゃんができたと分かった瞬間は世界で1番の幸せ者だと思いました。その瞬間が皆様にもきっと来ます。今のこの努力は無駄ではないことを信じてください。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP