2017年10月22日(日)  不妊治療アドバイス

絶対に妊娠して産むという気持ちを強く胸に持ち続けてください。

2016年9月19日 /東京都K・K様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:43歳
夫:36歳
不妊治療の期間は? 1年7ヶ月
不妊治療にかかった費用は? 260万円
不妊治療で使用したお薬は? ジュリナ、デファストン、プラノバール
不妊治療の内容は? タイミング法および体外受精

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

私たち夫婦は結婚して2年以上経っても妊娠に至りませんでしたので、不妊治療を専門に行っている病院で治療を始めることにしました。そちらの先生は、まずタイミング法を3回試しめてみましょうとのことで、3ヶ月後すぐに自然妊娠に至りました。しかし、喜びもつかの間、8週目の検診で赤ちゃんの心拍が確認できず、稽留流産と診断されとても悲しい結果となってしまいました。
どうしても子供が欲しい私たちは、数ヵ月後に体外受精を行い2回目の妊娠をしたのですが、また残念なことに胎嚢まで育ったところで稽留流産となってしまいました。2回も流産してしまったので、何が妊娠のためによいのかを藁にもすがる思いでいろいろインターネットで調べましたが、不妊治療中に出会った同じ状況の方からミトコンドリアのサプリメントが卵子にいいというのを思い出しました。
本当に、それが妊娠につながるかは半信半疑でしたが、これしか残されていないとすぐに実行し、次の不妊治療を行いました。その後、無事に着床し現在は妊娠継続中です。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

不妊治療中に出会った同じ状況の方からミトコンドリアのサプリメントが卵子にいいというのを聞きました。インターネットでイースタティックミネラルを発見し、口コミや入っている成分等を念入りに調べました。
御社のイースタティックミネラルを愛用していた方々の口コミを読みますと、おめでたという報告があり、またブログを読んでもすぐにおめでたと記載されていましたので飲むことをしました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

葉酸、マルチビタミン&鉄分、イースタティックミネラルだけは飲み忘れないよう心がけていました。また、漢方薬については保険で出してくれる病院で出してもらい、子宮の状態を整えるように心がけました。また、規則正しい生活がいいと不妊治療を行なった病院の先生から伺ったので、必ず夜は12時前に寝るようにしました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

私は不妊治療をしていたので、まずは移植から1週間後の血液検査の数値で着床したらしいということがわかりました。特に移植後着床した際に感じるというチクチクという下腹部の痛みは今回ありませんでしたが、無事着床してくれたのがすごく嬉しかったです。仕事はそれまで同様続けていましたが、それからはできるだけ穏やかに過ごすよう心がけました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

私は妊娠しても2度も流産していましたが、イースタティックミネラルを飲んでから無事に妊娠し、現在、赤ちゃんは元気にすくすく育っています。私と同じ経験をされている方々も少なくないと思います。流産するたびにすごく悲しい気持ちになり、今後の妊娠について不安のほうが強くなってしまいます。
でも、もし希望を捨てずに赤ちゃんに出会いたいと強く願っているのであれば、イースタティックミネラルを飲んでみることをお勧めします。頑張っている皆様、諦めたらそこで終わりです。妊娠は年齢や金銭面との勝負でもありますが、希望がある限り諦めずにいいと思うものを信じて頑張ってください。
たとえ、その希望が一縷の望みであっても、絶対に諦めないで、絶対に妊娠して産むという気持ちを強く胸に持ち続けてください。どうか、皆様が無事に妊娠されることを心からお祈り申し上げます。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP