2017年1月22日(日)  不妊治療アドバイス

夫婦で頑張って乗り越えてきた分、夫婦の絆は普通の夫婦より深いと思います。


2016年9月7日 / 埼玉県C・A様のイースタティックミネラル 症例報告

不妊治療について

年齢 妻:37歳
夫:31歳
不妊治療の期間は? 2年
不妊治療にかかった費用は? 約50万円
不妊治療で使用したお薬は? セキソビット、クロミッド、ゴナールエフ、HCG、プロゲステロン注射
不妊治療の内容は? タイミング法、人工受精

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

結婚をして排卵日を狙って自分たちでタイミングをとっていたのですが、1年経っても妊娠できなかったため、不妊治療をうけることにしました。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

年齢とともに卵子の質が低下しているということを知り、何かいい方法はないかと、パソコンで調べていたところ、こちらのサプリを見つけました。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

足やお腹を冷やさないように、つねに気をつけて温めてました。(腹巻きや厚手の靴下) あと新陳代謝をあげるために、週に2回プールでウォーキングを始めました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

生理予定日に生理がこなかったので、もしかしてと思い自分で検査してみました。するとうっすら陽性反応がありました。いつも生理予定日前には胸の張りが治まってしまうのですが、今回はずっと胸の張りが続いていました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

生理がくるたびに思い詰めて、落ち込んで、何度心が折れそうになったか分かりません。流産の経験をへて今回2度目の妊娠でまだ不安でいっぱいです。
不妊治療って本当に辛いことばっかりですが、夫婦で頑張って乗り越えてきた分、夫婦の絆は普通の夫婦より深いと思います。そんな素晴らしいご夫婦のもとに赤ちゃんが来てくれること祈っております。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP