2017年5月23日(火)  不妊治療アドバイス

42歳までの妊活と決めて出来ることは何でもしようと思いました

石川県 M・Oさんの不妊症克服 報告

不妊治療について

年齢 妻:41歳
夫:43歳
不妊治療の期間は? 1年10ヶ月
不妊治療にかかった費用は? 130万円
不妊治療で使用したお薬は? クロミッド、ゴナトロピン、hmg、スプレキュア、ルティナス、エストラーナテープ
不妊治療の内容は? タイミング、人工授精、体外受精

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

長男を38歳で出産、1年後から2人目の妊活開始。1年間妊娠できず40歳で不妊外来へ。タイミングを半年、人工授精10ヶ月、体外受精(お休み期間に人口受精)3ヶ月。2度目の体外受精で妊娠。体外受精にステップアップするにあたりイースタティックミネラルを服用開始した。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

不妊治療中、何度も着床や胎嚢確認出来たが流れてしまったので卵の老化を感じた為。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

ストレス発散、夫の協力で1人の時間を作った。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

体外受精だったので判定日に分かりましたが兆候はくにありませんでした。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

42歳までの妊活と決めて出来ることは何でもしようと思いました。体外受精1回の費用を考えたらイースタティックミネラル3回飲めますよ。私は生理から採卵まで1日3回、生理までを1日2回服用しましたが3ヶ月の服用で結果が出ました。
その後服用を止めていましたが肌にハリがなくなったりしたので1日1回服用で体調も良くなりました。いままで定期購入ではなかったのですが今更ながら定期購入しようと思っています。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP