2017年1月19日(木)  不妊治療アドバイス

高齢出産成功者からのアドバイス


受精率や着床率などを20代と比較した場合、一般的に女性の妊娠率は35歳を超えると半分程度まで下がり、37~38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下すると言われています。
年齢を重ねるにつれ妊娠することが難しくなりますが、あるちょっとしたことに気をつけて対策することで見事に妊娠に成功されている方も多くいらっしゃいます。

experience6202_04その秘密は、卵子や精子のエネルギー源ともなる「ミトコンドリア」です。
ここではまず、実際にミトコンドリアを活性することにより妊娠に成功した方々のアドバイスを、紹介させていただきます。

「私はこうして妊娠しました」高齢出産成功者からのアドバイス

再婚です。すでに43歳でしたので、子供は諦めていたのですが、楽しく生活をしているうちに、やっぱり…

第二子の妊娠希望を持ち始めてから、4度の化学流産を経験しました。通院して、不育症などの検査をし…

妻40歳、私が47歳と晩婚でしたので出来るだけ早い時期にと考えていました。不妊治療を行っている病院…

結婚して2年経っても妊娠しなく不妊治療を始めた。サイトで卵子の機能を高めるにはミトコンドリアが大切だと…

1人目の子の断乳後、子作りを開始しましたがなかなか授からず、多嚢胞卵巣ということもあり、半年前…

私が39歳、夫が33歳の時に入籍したのをきっかけに、それまで避妊らしいこともしていないのに妊娠しなかった…

結婚したのが38歳でしたので、半年後ぐらいから病院に行きました。最初はタイミング法で排卵日…

結婚当初から排卵日近くをねらって子作りをしていたが、なかなかできなかったので病院へ行った…

結婚して2年、タイミング法でなかなか授からず病院に通い始めるも排卵が上手くいかない…

子供が欲しい!そう思い始めたのは3年前。それから1年待つも授からないため、重い腰をあげ不妊治療…

結婚して5年。年齢的な部分も含めて夫婦で不妊治療をするのは3年と決めて治療を行って…

二人とも30代での晩婚だったのでとにかく早く子供が欲しかったのですが、なかなか授かることが…

2年前に結婚し自然にと思っていたけど、年齢(37)も年齢なので焦る気持ちもありながらも様子を…

35歳を過ぎた頃から「高齢出産になってきたし、そろそろ…」と自己流タイミングを2年。ホントは1年…

二人の男の子がいるのですが、女の子が欲しい気持ちが諦められず、3回目の子作りチャレンジに…

子供は欲しいと思った時に授かるだろうと安易な考えで過ごしていましたが気付けば40前になり39歳で…

人工授精により昨年は完成度の低い受精卵で着床もできない結果でした。今回はミトコンドリアの大切さ…

37歳で結婚(主人は42歳)。1年待っても妊娠しなかった為、県病院の生殖医療科で治療開始…

流産を2回経験し、年齢的にも本格的に取り組んだ方がよいと思い、専門のクリニックを受診…

結婚後2年以上経ってもできなかったので、病院に通いタイミングから始めました。その後ステップアップして…

卵子と精子とミトコンドリアの関係

卵子と精子にはその機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっています。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官です。

しかし、このミトコンドリアは加齢や不規則な生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまいます。

experience6202_03
そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなってしまいます。では、いかにして妊娠するための機能を保たせればよいのでしょうか。

大事なのはミトコンドリアを活性化させること

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道です。

方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられます。

だが、より卵子や精子の質を上げたいのであれば、日常生活の改善の他にも、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための成分を含むサプリメントを併用することも方法のひとつです。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療成功者100人からのアドバイス不妊治療成功者100人からのアドバイス 不妊症の原因として最も多いとされる原因不明不妊。 文字通り不妊症の原因が見当たらず場当たり的な対策しか取れない状態ですが、あるちょっとしたことに気をつけて対策することで見事に妊 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP