2017年1月22日(日)  不妊治療アドバイス

食生活から徹底的に見直し、ミトコンドリアの活性も心がけました。


神奈川県H・Sさんの不妊症克服 報告

不妊治療について

年齢 妻:39歳
夫:38歳
不妊治療の期間は? 5年
不妊治療にかかった費用は? 約300万円
不妊治療で使用したお薬は? 妻:ルトラール
夫:漢方

子作りを始めたタイミングや不妊治療に至るまでの経緯をお教えください。

結婚当初から排卵日近くをねらって子作りをしていたが、なかなかできなかったので病院へ行ったが、最初に行った病院の対応が悪く、もう年齢的にという理由でいきなり体外受精を勧められる。
この最初に行った病院へ4年も通う事に。
そして、予約しても毎回2時間も待たされる事に疲れ、転院した。

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは何でしょうか?

転院する前から、夫婦で漢方を飲むようになり、サプリも気になりだし飲むことに。

子作りをするために何に気をつけていましたか?

食生活を徹底的に見直しました。
米は玄米にし、糠漬けや乳酸菌が取れるものを積極的にとるようにし何でも手作りで作り、加工食品は摂取しないようにしました。
社食も揚げ物ばかりで、身体に悪そうだったのでお弁当を持って行きました。

妊娠はいつ頃分かったのでしょうか?その際、妊娠の兆候は感じましたか?

急に寒気を感じるようになり、元々生理は順調だったので生理予定日が5日過ぎた時にこれは、もしかして?と思いました。

不妊症を克服したいと頑張っている人へメッセージをお願いします。

諦めなければ必ずできるので、まずは食生活の見直しからはじめてください。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP