2017年1月19日(木)  不妊

着床するためのよもぎ蒸しの期間とタイミング


身体の老廃物を排泄する役目をもつといわれているよもぎ蒸し。定期的に行うことで子宮を綺麗な状態に保つ事ができるようだ。

利用者

生理不順や子宮筋腫・子宮内膜症などの方が多く利用しており、生理前後に使用すると効果的という声も多くあがっている。

不妊治療中の人に対しても良いといわれているが実施するタイミングに悩む人が多い。

では、着床するためにはどのタイミングで利用するべきか。

よもぎ蒸しのタイミング

よもぎ蒸しを行ううえで指定するタイミングは特にないようだ。ただ、生理前の低温期に行うと良いといわれており、その時期を狙って通う人も多い。

反対に着床の時期などは避けた方が良いともいわれている。

最近では、パットになったものを利用する人が多く平均的に2〜3時間使用しているようだ。しかしあくまでも目安。

実際には個人差があるので、自分の身体と相談しながら使用することがベストである。

義務的に行うと、ストレスとなり逆効果になりかねない。まずはストレスなく体調と相談しながら試してみることが良いだろう。

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP