2017年1月21日(土)  不妊

着床したときの症状はどんな兆候?


出血、腰痛、おりものなどが着床症状といわれている。

夫婦生活から約5〜10日後に出血していると着床の可能性があるといわれているが、おりものに関しては普段から確認しておかなければ、着床症状なのかわからない。

そのため、日常から確認が必要だ。
これら着床症状につなげるためにも、まずは着床しやすい環境づくりが必要である。

着床環境

年齢や私生活によって大きく関係しており、年齢を重ねると卵子の老化がすすみ着床率はさがってしまう。

着床環境をよくするためには、女性ホルモンの働きが良くなければならない。

女性ホルモンは15歳頃から上昇し20代でピークを迎え、30歳を超えた女性は年々女医ホルモンの分泌量が減少し60代には閉経を迎える。

減少していく女性ホルモンをどのように補うかが妊娠を目指すために重要なポイントとなる。

卵子の質、着床環境を向上させるためには

アグリコン型イソフラボン

そんな女性ホルモンのバランスを補う役割を担っている。

イースタティックミネラル

卵子の老化に着目した成分である。卵子の老化は身体に備わる「ミトコンドリア細胞」が弱まることで老化する。

これは年齢とともに老化していくといわれており、ミトコンドリアを元気にすることで卵子も活発化される。

イースタティックミネラルは、ミトコンドリア細胞にマイナス電子を与え、元気にする働きがある。

より高い確率で着床するためにまずは卵子の質、着床環境を向上させるための対策が必要ではないだろうか。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • 卵子の老化に着目した注目の成分、イースタティックミネラルについて 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP