2017年1月17日(火)  不妊

hmgでの妊娠確率をアップさせる方法


不妊の原因として排卵障害は約3割程度とされている。その中の排卵障害でも原因はそれぞれ分かれる。

・性腺刺激ホルモンの分泌異常(視床下部性・下垂体性)
・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
・卵巣機能低下
・黄体機能不全
・黄体化未破裂卵胞
・高プロラクチン血症

性腺刺激ホルモンの分泌異常

大半が視床下部性が多く、ストレス、ダイエット、日常生活などが原因で引き起こされることがある。

下垂体性の場合は腫瘍や炎症の他、ストレスが原因とも言われ、日常生活の見直しだけでは改善が難しいとされている。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

はっきりした原因はわかっていない。
黄体ホルモンや男性ホルモンの分泌量が増えることにより引き起こされると言われている。

卵巣機能低下

はっきりとした原因は解明されていないが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが激しく減少し、若年性更年期障害とも言われ、ダイエットや先天性の病が原因でもおこると考えられている。

黄体機能不全

卵胞・黄体ホルモンの異常な分泌によって、受精卵が着床しずらくなる状態だ。

黄体化未破裂卵胞

卵子が黄体化してしまう状態だ。

黄体化した場合は排卵した場合と同様に黄体ホルモンが分泌されるため、排卵されたかのように基礎体温が上昇する。

高プロラクチン血症

排卵障害の約1割から2割程度とされ、20~30代女性に多くみられる。下垂体全葉からつくるホルモンの一種であるプロラクチンが高くなっている状態だ。

プロラクチンが高いと排卵しずらく、授乳の期間中はプロラクチンの血中濃度が高くなる。授乳中でない場合も血中濃度があがる場合がある。

血中濃度が高くなる原因として、原因不明な場合や薬の影響によるもの、流産や中絶後、脳腫瘍などが考えられている。

排卵障害

治療方法として、まず薬物療法のクロミフェン療法が多く行われる。妊娠確率は約2割程度ではないかとされている。

経口薬でクロミフェン製剤と呼ばれる排卵誘発剤を使用するのと、タイミング療法を合わせることが一般的だ。

このクロミフェン療法、タイミング療法を用いても妊娠しなかった場合に、HMG製剤を使用し注射での治療を行う。妊娠確率は約2~4割程度とされている。

これら薬物療法は、卵巣を直接刺激する排卵誘発剤を使うため、副作用が起こるケースがあり注意が必要だ。

また、多胎の可能性が高く、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が10~20%発症すると言われている。場合により腹水がたまってしまうこともあるようだ。

クロミフェン療法での排卵率は約70~80%程度、HMG療法の場合での排卵率は約90%程度とされている。

それに比べ妊娠率が両方を比較した場合に20~40%となり、妊娠したとしても流産になる場合もある。

妊娠するには

妊娠までメカニズムとして、排卵が行われ受精し着床する。排卵が出来たならば、次は良質な卵子と精子が卵管の中で出会う事が重要だ。

加齢とともに卵子は少なくなり、その質も低下ししまう。
女性にも元々約200万個の卵子を備えており、思春期を過ぎた頃にはすでに20~30万個まで減少している。

そこから年齢を重ねるにつれ卵子は数が減っていき、また染色体異常も増加する確率が高くなり、閉経とともに卵子の数は0になる。

この卵子力低下は実年齢に必ず比例するものではない。卵巣年齢により異なるため、若くても卵子の数が少ない場合、また20・30代でも早期閉経ということもあり、年齢だけの問題ではないのだ。

卵子の数は月経周期ごとに減少していく。しかし、卵子の数が少ないのであれば「卵子力」、つまりその卵子の質を高めることが重要なのだ。

卵子の質を高める鍵は「ミトコンドリア」

質を高める、それに大きく影響してくるのが、「ミトコンドリア」。
細胞の中に存在するミトコンドリアはエネルギーを作り出し細胞が活性化することで、卵子、精子の質をあげることに繋がる。

では、そのミトコンドリアをどのように元気にさせてあげるかが重要なのだが、イースタティックミネラルがミトコンドリア細胞の活性化を促すことで精子の質をあげていくのだ。

卵巣年齢が高い・卵子の数が少ない・AMHの値が少ない・グレードが良くない・胚分裂がうまくいかない・ステップアップするかどうか悩んでいる場合にも取り入れていくことが良いのではないだろうか。

また、イースタティックミネラルだけでなくアグリコン型イソフラボン、ジオスゲニン配糖体をバランス良く摂取することで受精の着床環境も整えられる。

さらに、女性・男性ホルモンのバランスも調整し、より相乗効果が期待できるため、妊娠を望まれているのであればこれらをバランスよく摂ることを心がけるべきだろう。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP