2017年1月19日(木)  不妊

ピルで不妊改善できるって本当?


ピルは、避妊をするための薬としての印象があるが、不妊治療の薬としても活用されており、テレビでもその効果が紹介されたほどである。果たして本当にピルが不妊解消に役立つのだろうか。

ピルの効果

生理周期を整える

ピルを飲むと、体が妊娠と同じ状態になり生理が止まった状態になる。ピルを飲むことをやめると、生理を起こすことができるので、生理周期の改善に用いられる。

子宮内膜の維持・受精卵着床を助ける

体内の黄体ホルモンの値が低い人は、排卵後の高温期が短くなり、受精卵着床のために厚くなった子宮内膜もはがれやすくなる。このことは流産となる可能性を高めることとなる。

そこで黄体ホルモンも含まれているピルを飲むことで、ホルモンが補充され子宮内膜が維持、受精卵の着床を助けることができるのである。

ピルには副作用があるか

ピルには大きな副作用あるという事実は、高用量、中用量が主流だった数十年前の話。低用量が主流の現代では、それほど副作用に敏感になる必要はないが、コンディションによっては副作用が生じる場合もある。

ピルの主な副作用としては、吐き気・嘔吐・頭痛・乳房の張りや痛み・おりものの増加・不正出血・体重増加などが挙げることができる。

なるべくピルに頼らない、妊娠しやすい体づくりを目指そう

不妊に悩む人にとっては、ピル以外にもさまざまな不妊治療を実践し、改善への道を模索していることであろう。

不妊治療とともに、体自体を少しでも妊娠しやすくするために、生活習慣を見直すことも大切だ。質の良い卵子を作るためには規則正しい生活が欠かせない。

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

また、エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも、やはり規則正しい生活によって作られる。特に筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

さらに、卵子を活性化させたあと、ミトコンドリアはエネルギーが不足する。このエネルギーを補給しなければミトコンドリアは弱まり壊れてしまう。

そうなると、卵子がまともに機能しなくなるため、このエネルギーを補給する「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを摂るのもおすすめだ。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP