2017年1月23日(月)  不妊

プラセンタは本当に不妊症を改善するの?


「プラセンタ」とは胎盤のことで、卵子の成長を助けたりホルモンバランスを整えたりする力がある。
そのため、医師によってはプラセンタを摂取する場合の副作用として「妊娠しやすくなること」を挙げているほどで、不妊体質の改善に使われる例が増えている。

血行を良くする効果もあるので、卵巣や子宮の機能低下を招く冷え性の予防にも効果的だ。

プラセンタの種類

プラセンタにはヒト・馬・豚・羊などの種類があるが、不妊治療の改善を目的として病院で受けるプラセンタ注射にはヒト由来の胎盤が使われている。

健康保険が適用されない(更年期障害の治療の場合は適用される)ので実費となるが、週1回の注射を続けることにより、徐々に効果が表れ始める。

ただ、プラセンタ注射には次のようなデメリットもあるので、受ける際は注意が必要だ。

主なデメリット

・ヒト由来のプラセンタを使用しているため、稀に感染症が起きる可能性がある。とはいえ、確率は低いのでそれほど怖がる必要はない。
・感染症に感染している可能性がゼロではないため、献血ができなくなる。ちなみにこれは注射を受けている場合のみで、サプリメントやドリンク剤による摂取は関係ない。
・皮下注射なので肝臓に障害が起きる可能性がある。一般的に週に1~2回程度なら問題ないとされているが、万が一体調に変化が起きた場合は念のため検査を受けよう。場合によってはプラセンタ注射を中止することも必要である。
・一回あたりの費用が約1,500円~5,000円ほどかかる。病院によって料金はバラバラなので、納得して通えるところを見つけよう。

リスクを避けて妊娠率を上げるには

上記のようなリスクは出来るだけ避けて妊娠率を上げたいと、誰しもが思うことだろう。では、どうすれば妊娠率を上げられるのか。

それは、卵子の質を高める努力が必要だ。細胞を活性化させる力を持つミトコンドリアの数を増やしたり、卵巣にダメージを与える冷え性を改善したりと、できることからコツコツやっていこう。

筋力トレーニングを日課にすれば、ミトコンドリアが増えて冷え性も改善されるので一石二鳥だ。さらに、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを摂取するとよいだろう。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP