2017年1月21日(土)  不妊

着床率を高め妊娠する方法〜着床までの流れを知る〜


男性の精液が女性の膣内に送り込まれる際、健康な男性の精液の中に含まれる精子の量はおよそ1~5億個ともいわれ、これらが一斉にたった一つの卵子を求めて膣内を猛スピードで泳ぎ始める。

膣内は通常、酸性に保たれている

少しでも優秀な遺伝子を残すため、精子には厳しい試練が用意されている。膣内は雑菌などの繁殖を抑えるため酸性に保たれているのだが、酸に弱い精子はここでほとんどが死滅してしまう。

そして、運よく生き残ったものだけが次の子宮頸管までたどりつき、そこを通って卵子と出会うことになるのだが、卵子と受精できる精子はたった一つなので、ここでもまた厳しい生存争いが繰り広げられるのだ。この時点で、精子の数はわずか10~100個ほどにまで減っている。

やっとの思いで卵子までたどりついた精子たちは、お互いに協力して卵子の膜を破ろうとする。
そして一番最初に膜を破ることのできた精子だけが卵子の中に入り込んで受精が成立し、そのまま卵子の表面を固めて他の精子が入ってこられない状態にするのだ。

受精卵の成長

受精卵は、2分割 → 4分割 → 8分割 → 16分割と細胞分裂をしながら成長し、最終的に桑実胚となって子宮内へと送り込まれる。

この時、子宮の内部は女性ホルモンの働きによってふかふかのベッドのような状態になっており、絨毛にからみつかせるようにして受精卵を着床させる。ここまで来るのに、だいたい5日間ほどだ。

これが、着床までの大まかな流れであるが、途中でなんらかのトラブルがあったり、男女どちらかに不妊の原因となるものがあったりすれば、なかなかこうスムーズにはいかない。

着床率を高める

タイミングが合いせっかく受精しても、着床しなければ妊娠に至らない。

人間はもともと着床率が低いのだが、着床しやすい体質をつくることによって着床率を高めることができる。

着床が継続するためには、子宮内膜に十分な厚みがあることが大事である。この子宮内膜は「黄体」の機能が十分に働いていることが必要であり、この黄体の機能が不十分だと、黄体ホルモンの分泌も不十分になり、妊娠するために十分な子宮内膜が形成されない。

その結果、受精卵が着床しづらくなったり、妊娠しても流産しやすくなったりする確率が高くなる。
他にも着床しやすい体質をつくるためには、身体の冷えや運動不足など生活習慣の見直しが必要である。

一般に女性ホルモンの乱れには、ストレスや食事など生活環境が影響していることが多いという。

そこで今注目されているのが、女性ホルモンバランスの調整や分泌促進に効果があるというジオスゲニン」や「アグリコン型イソフラボンといった天然の食品成分から抽出したサプリメントだ。

生活習慣の改善のために、十分な睡眠や毎日の食事に加えて健康食品やサプリメントによるバランスのよい栄養摂取をおすすめする。

また、避妊もしていないのに2年以上妊娠しない状態が続いたら、早めに病院へ行って検査を受けることも心がけよう。

▼評価の高い関連記事

  • 受精から着床までの期間を知る受精から着床までの期間を知る 精子と卵子が出会って受精し、受精卵となったものが子宮内膜に着床するまでには、だいたいどれぐらいの時間がかかるのであろうか? 受精から着床まで 受精卵は、通常、2分割 → […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP