2017年10月22日(日)  不妊

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

着床率を高め妊娠する方法〜着床までの流れを知る〜

男性の精液が女性の膣内に送り込まれる際、健康な男性の精液の中に含まれる精子の量はおよそ1~5億個ともいわれ、これらが一斉にたった一つの卵子を求めて膣内を猛スピードで泳ぎ始める。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

膣内は通常、酸性に保たれている

少しでも優秀な遺伝子を残すため、精子には厳しい試練が用意されている。膣内は雑菌などの繁殖を抑えるため酸性に保たれているのだが、酸に弱い精子はここでほとんどが死滅してしまう。

そして、運よく生き残ったものだけが次の子宮頸管までたどりつき、そこを通って卵子と出会うことになるのだが、卵子と受精できる精子はたった一つなので、ここでもまた厳しい生存争いが繰り広げられるのだ。この時点で、精子の数はわずか10~100個ほどにまで減っている。

やっとの思いで卵子までたどりついた精子たちは、お互いに協力して卵子の膜を破ろうとする。
そして一番最初に膜を破ることのできた精子だけが卵子の中に入り込んで受精が成立し、そのまま卵子の表面を固めて他の精子が入ってこられない状態にするのだ。

受精卵の成長

受精卵は、2分割 → 4分割 → 8分割 → 16分割と細胞分裂をしながら成長し、最終的に桑実胚となって子宮内へと送り込まれる。

この時、子宮の内部は女性ホルモンの働きによってふかふかのベッドのような状態になっており、絨毛にからみつかせるようにして受精卵を着床させる。ここまで来るのに、だいたい5日間ほどだ。

これが、着床までの大まかな流れであるが、途中でなんらかのトラブルがあったり、男女どちらかに不妊の原因となるものがあったりすれば、なかなかこうスムーズにはいかない。

そのようなトラブルが起こらないようにするためには、卵子と精子の質を高めて、良い受精卵を作れるようにする必要性がある。
それにはまず、卵子と精子のエネルギー製造装置でもあるミトコンドリアを活性化させることが、受精卵の成長にとって大変重要になる。

着床期間と着床率

受精卵は、細胞分裂しながら4〜10日かけて子宮に行き着く。そして子宮内膜の準備出来次第、子宮内膜の中へと潜り込み「着床」が完了する。
その期間は排卵時から計算すると、約6〜8日前後だ。

また、子宮内膜に「着床」する確率(着床率)は、一般的に20〜30%ほどだと言われている。

着床率を高める

タイミングが合いせっかく受精しても、着床しなければ妊娠には至らない。
人間はもともと着床率が低いのだが、着床しやすい体質をつくることで着床率を高めることができる。

着床を継続するためには、子宮内膜に十分な厚みがあることが大事である。
この子宮内膜は「黄体」の機能が十分に働いていることが必要であり、この黄体の機能が不十分だと黄体ホルモンの分泌も不十分になり、着床するために必要な子宮内膜が形成されない。
その結果、受精卵が着床しづらくなったり、着床・妊娠しても流産しやすくなる確率が高まる。

では、着床しやすい体質をつくるにはどうすべきか?
身体の冷えや運動不足など生活習慣の見直し、子宮内膜を厚くするアルギニン成分の活用など、夫婦で協力して取り組むことが大切だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 受精から着床までの期間を知る受精から着床までの期間を知る 精子と卵子が出会って受精し、受精卵となったものが子宮内膜に着床するまでには、だいたいどれぐらいの時間がかかるのであろうか? 受精から着床まで 受精卵は、通常、2分割 → […]
  • 頚管性不妊?子宮頸管粘液の不調頚管性不妊?子宮頸管粘液の不調 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP