2017年1月17日(火)  不妊

妊娠力とは卵子の質を高めることから


体が妊娠を可能にする状態に整えられていることを「妊娠力」という。

これには卵子の質が大きく関わっており、卵子が老化して弱っているとたとえ卵の数が多くても妊娠に至るのは難しい。

今回は、卵子を元気にして妊娠力を高める方法を調査してみた。なかなか子供ができず悩んでいる人は、是非参考にしてみてほしい。

卵子が元気な人

卵子をイキイキと元気な状態に保っている人は、ミトコンドリアをたくさん持っている。

これはもともと人間の体内に存在している物質で、ATPと呼ばれるエネルギーを作り出して細胞の働きを活性化させるものだ。そのため、不足するとエネルギー量が足りなくなり、卵子の老化が進んでしまう。

ミトコンドリアを増やすには、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動が必要である。

また、筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングをすればおのずと数は増えてくるだろう。不足したエネルギーを補給してくれる「イースタティックミネラル」を含むサプリメントを取るのも効果的だ。

また、体が冷えると卵巣の機能が低下するので、冷たい飲み物を飲んだり、肌を露出した服を着たりするのをやめよう。血流が良くなると体温も上がるので、有酸素運動を習慣にすると良い。

内臓の機能は年齢を重ねるごとに衰えてくる

そして、こうした努力だけではどうにもならない現実があることを知るのも大切なことだ。

どんなに見た目が若くても、内臓の機能は年齢を重ねるごとに衰えてくる。卵子も例外ではなく、たとえば本人の年齢が35歳なら、卵子の年齢も同じく35歳。決して妊娠しやすい状態とはいえないのだ。

仕事が忙しかったり、なかなか良い結婚相手が見つからなかったりといろいろ事情はあると思うが、子供を持ちたいと思うなら、遅くとも30代前半頃までに出産を考えてみよう。

卵子の質を上げるには

また、「卵子の質」を左右する卵子ミトコンドリア。このミトコンドリアの活性を強化する成分として近年注目を集めているのが「イースタティックミネラル」だ。

卵子の老化対策として日本でも広く普及し始めている。

これまでは海外輸入サプリメントDHEAを卵子の老化対策として選ばれていたが、海外製品という懸念が広がり、国産の「イースタティックミネラル」を配合したサプリメントが受け入れられているようだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP