2017年1月20日(金)  不妊

FSH卵胞刺激ホルモンと不妊症の関係


「FSH卵胞刺激ホルモン」とは、脳下垂体から分泌される卵胞の発育を促すホルモンのことである。一般的に卵巣の機能の低下に比例して数値が高くなるといわれており、この値が高いと卵がなかなか育たないという問題が起きやすくなる。

年齢とともに閉経へ向かう

女性の体は年齢を重ねるとともに閉経へと向かうので、ある程度の年になればFSH値が高くなるのは仕方がない。しかし、これから子供を持ちたいと願う人にとっては、そんなことも言っていられないだろう。

数値を改善するには、体に「まだ十分に女性ホルモンが分泌されている」と錯覚させることが大切だ。つまり、女性としてまだ現役であり、閉経させる必要はないと信じ込ませるのである。

方法としてはピルの服用やカウフマン療法など、ホルモンを投与するやり方が一般的だ。栄養バランスの整った食事を続けることも、卵巣の機能をアップしてFSH値を下げるのには有効である。

卵子の活性化を促すサプリメントの摂取もあわせて行うと良いだろう。

質の良い卵子が育つ可能性はある

FSH卵胞刺激ホルモンの値が高いと確かに妊娠しにくいのだが、数値はその時の体調によっても変動するので、たった一度の検査で「私は不妊症なのだ」と思い込む必要はない。

また、数値の高さはすなわち体が「頑張って卵を育てよう」と張り切ってくれている状態なので、毎周期ではないにしろ、質の良い卵子が育つ可能性は十分にある。

卵巣を良い状態に保つために

大切なのは、検査結果に一喜一憂せず、少しでも卵巣を良い状態に保つ努力を続けることだ。

・体を冷やさない
・栄養バランスのとれた食事を取る
・細胞に働きかけて成長のためのエネルギーを発生させる「ミトコンドリア」の増殖を促す
・早寝早起きをする
・適度な運動をする

などに気を配り、心身ともに健康を保とう。

注目されているホルモンバランスを整える成分

近年、女性ホルモン・男性ホルモンを活性化させる成分が注目されている。それは、「ジオスゲニン」と「アグリコン型イソフラボン」だ。

ジオスゲニン

山芋から取れる成分で、ホルモン環境を整えることができる。ホルモンバランスの調整や改善に使用されている医薬成分DHEAの代替成分として注目されている。

・女性への作用

卵胞の成熟から排卵・着床まで様々なはたらきをする女性ホルモン・エストラジオールの活性。さらに、着床環境の生育に欠かせない黄体ホルモン(プロゲステロン)の活性に働きかける。

・男性への作用

精子の形成や興奮作用のある、神経伝達物質・ドーパミンの増加に必要な男性ホルモン・テストステロンの活性に働きかける。

アグリコン型イソフラボン

イソフラボンは、主に大豆の胚芽に含まれるフラボノイドの一種だ。ジオスゲニンと同じように女性ホルモンや男性ホルモンに深い関わりを持つ。

また、「アグリコン型」は、糖がすでに外れている状態のため、腸内細菌のはたらきに左右されず、効率よく吸収が可能だ。それにより、女性ホルモン・男性ホルモンの機能をスムーズにしてくれる。

・女性への作用

卵巣ホルモンとも言われるエストロゲンに似た分子構造を持ち、子宮内膜の厚み保持、排卵のタイミングを調整する働きを持つ。

・男性への作用

血管を拡張し血流を促進させる。さらに自律神経を安定させる働きを持つ。

この2つの成分を摂り、さらに「イースタティックミネラル」も併用して飲むことで、体内のミトコンドリアを活性化させ、細胞自体を回復させることで、相乗効果が生まれる。

ぜひ、続けて摂取していただきたい3大成分だ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP