2017年1月23日(月)  不妊

女性ホルモンを増やす方法 不妊向け


「女性ホルモン」は女性の心身に深く関わるもので、これによってコントロールされているといっても過言ではない。そのため、分泌量が不足すると様々な不調が現れてしまうのだが、残念ながら年齢を重ねるとともに減少するのが普通である。

生殖機能にも大きく影響し、また月経周期を整えるにも必要なので、女性ホルモンが少ない女性は不妊になりやすい。では、女性ホルモンを増やして妊娠を成功させるには、どうすれば良いのだろうか?

規則正しい生活

答えは「規則正しい生活」だ。

たとえば、睡眠。女性ホルモンは脳の視床下部が卵巣に指令を出して分泌量を調整しているのだが、睡眠不足が続くと視床下部が正常に働けなくなり、ホルモンバランスも狂ってしまう。

夜はなるべく早めにベッドに入り、朝までぐっすり眠るようにしよう。

適度な運動

次に運動だ。運動不足になると自律神経が乱れるが、自律神経は女性ホルモンと密接に関係しているので分泌量や月経周期に悪影響が出る。

また、筋肉量が減って体が冷えやすくなるので、子宮や卵巣の機能低下にもつながりやすい。
運動が苦手なら無理にスポーツをする必要はないので、自宅で簡単にできるストレッチなどできることから始めてみよう。

バランスよく栄養を取る

そして栄養。脳が正常に機能するにはバランスよく栄養を取る必要があるので、インスタントやコンビニ弁当、極端に食材数の少ない食事などが続くと、これもホルモンバランスの崩れる原因になる。

毎日きちんとした食事を取れるのが理想だが、どうしても無理なら一週間単位でバランスを考えればそれほど深刻になる必要はないので、できるだけ栄養を意識するようにしよう。

また、適度に女性ホルモンの分泌を促進するサプリメントも補給することもおすすめである。

サプリメントを摂るときの注意点

妊活に良い成分全てを効率よく摂取したいところではあるが、全てを満足に摂取することはなかなか大変だ。しかも、さまざまなサプリメントを多く摂ることで、不必要な成分を余分に摂取することになったり、過剰摂取の不安もある。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP