2017年1月23日(月)  不妊

ダイエットだけが不妊の原因ではない理由


無理なダイエットをすると、体が危機感を感じて卵巣や子宮の機能を止めてしまう。
なぜなら、生命活動を維持するために、限られたエネルギーを心臓など命に関わる器官のために使う必要が出てくるからだ。

また、性腺ホルモンを司る脳下垂体が影響を受けてホルモンバランスが乱れ、無月経や排卵障害などを引き起こす原因にもなる。

規則正しい生活が近道

食事を抜くダイエットは一見効果がありそうに見えるが、体が少しでも栄養素をため込もうと頑張るので余計に太りやすくなる。一度ついた脂肪を落とすのは簡単なことではないので、即効性を期待して食事を制限するのではなく、少しずつ痩せるつもりで頑張ろう。

運動と栄養が十分に足りていれば体は満足するし、脂肪も燃えやすくなるので、規則正しい生活を続けることが結局はダイエット成功への近道となる。

ダイエット以外にも原因はある

また、不妊にはダイエット以外にもいろいろな原因がある。
もともと不妊の素因を持っているわけでもないのになぜか妊娠しない女性の中には、自分でもどうしようもないほど大きなストレスを抱えて悩んでいるケースが多い。

ストレスは大量の活性酸素を発生させ、卵子を構成している細胞をサビつかせてしまうので、できることならその原因となるものから距離を置こう。
職場の人間関係に悩んでいた女性が、思いきって転職したとたん妊娠したという例はいくらでもある。

飲酒・喫煙・睡眠不足なども大敵

また、飲酒や喫煙、睡眠不足なども妊娠の大敵だ。こういう生活を続けていると卵子にエネルギーを与えて成長を促す「ミトコンドリア」の数が減り、成熟卵を育てにくくなってしまう。

嗜好品を全てやめる必要はないが、タバコだけは百害あって一利なし。飲酒も、できれば控えたほうが健康な赤ちゃんの生まれる可能性が高まるだろう。

また、補助的に「ミトコンドリア」を活性化させる「イースタティックミネラル」が含まれるサプリメントを摂るのも良い。
睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因となるので、遅くとも日付の変わる頃までにはベッドに入ったほうが良い。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP