流産 不育症
化学流産はいつまでの時期に起こるの?

流産は妊娠の早い時期、定義としては22週よりも前に妊娠が終わってしまうことをいう。そのなかでも概ね98%が、妊娠12週目までの初期に起こっているという。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

続きを読む…

流産 不育症
基礎体温が高くても稽留流産になるの?

胎児の発育が停止してしまっているが、出血や腹痛など流産の兆候がないまま2週間以上経過してしまった状態を稽留流産(けいりゅうりゅうざん)という。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

続きを読む…

流産 不育症
流産経験は不妊になりやすい?流産と不妊の関係

流産は不妊症になる原因なのか

流産や中絶を経験すると不妊症の原因だということは、ほとんどない。確かに流産も中絶も母体には影響を与えるが、必ず 続きを読む…

流産 不育症
流産の原因のほとんどは染色体異常の理由

流産とは

妊娠22週までの時期に何かしらの原因で胎児が育たなかったり、死んでしまうことを「流産」と言う。
妊娠12週未満(3カ月以内)の早い時期に起こることが多い。この時期の流産は、胎児側の染色体異常の原因多く、流産全体の約60%を占める。
続きを読む…

流産 不育症
不育症を改善して妊娠・出産する方法

不育症とは、妊娠は可能だが死産や早産、流産を繰り返し生児に恵まれない状態をいう。

習慣流産とはほぼ同義語として使われるが、習慣流産は3回自然流産を繰り返すと定義されていることに対し不育症は回数は定義されておらず、もっと広い意味で用いられる。 続きを読む…

流産 不育症
子宮頸管無力症の予防法と対策

子宮頸管無力症

妊娠し胎児が大きくなったときに、子宮の収縮がなく子宮口が開いてしまうことを言う。 続きを読む…

流産 不育症
出血したら化学流産の兆候?

化学流産

「化学流産」とは、受精はしたものの着床が続かなかった状態を言い、流産の初期の更に初期の状態だ。 続きを読む…

PAGE TOP