高齢出産
卵巣年齢AMHが1.0で妊娠する方法

女性は男性と違い、卵子を新たに作り出すことをしない。卵子は、母親のお腹の中にいる時に作られた「原始卵胞」を卵巣に保存して、ある年齢から排卵される。
卵巣に保存されているということは、35歳の卵子は35年経った卵子であり、他の未成熟な卵子は卵巣内でなくなっていく。 続きを読む…

高齢出産
高齢不妊の正しい妊活の戦い方

近年ライフスタイルの変化により晩婚化が進み、初産の年齢も高くなっている。
女性の年齢は妊娠・出産に大きな影響を与える要因だ。年齢が進むにつれて卵巣機能は低下し、妊娠しやすい質の高い卵子がきちんと排卵されにくくなる。 続きを読む…

高齢出産
羊水検査でわかる染色体異常の種類

羊水検査は、羊水穿刺(せんし)とも呼ばれている。胎児は羊水の中で育つため、羊水中には胎児の細胞が含まれている。この羊水を採取することで、胎児の染色体を検査することができる。
続きを読む…

高齢出産
妊娠出来る最高年齢は何歳まで?40代以上向け情報

高齢出産

近年、高齢出産が多くなってきたと言われている。厚生労働省の統計データによると、年齢別出生数が20代よりも30代のほうが上昇し続けている。 続きを読む…

PAGE TOP