不妊治療アドバイス
高齢出産成功者からのアドバイス

受精率や着床率などを20代と比較した場合、一般的に女性の妊娠率は35歳を超えると半分程度まで下がり、37~38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下すると言われています。
年齢を重ねるにつれ妊娠することが難しくなりますが、あるちょっとしたことに気をつけて対策することで見事に妊娠に成功されている方も多くいらっしゃいます。 続きを読む…

不妊治療アドバイス
高齢出産成功者からのアドバイス

受精率や着床率などを20代と比較した場合、一般的に女性の妊娠率は35歳を超えると半分程度まで下がり、37~38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下すると言われています。
年齢を重ねるにつれ妊娠することが難しくなりますが、あるちょっとしたことに気をつけて対策することで見事に妊娠に成功されている方も多くいらっしゃいます。 続きを読む…

高齢出産
高齢出産のリスクを減らすには

以前までは30歳以上が高齢出産だったが、現在では35歳以上が高齢出産とされている。

女性の社会進出や晩婚化が進むにつれ、35歳以上で妊娠・出産する人も増え、高齢出産はごく身近なものとなっている。 続きを読む…

高齢出産
本当の高齢出産は何歳から?

以前までは30歳以上が高齢出産だったが、現在では35歳以上が高齢出産とされている。

女性の社会進出や晩婚化が進むにつれ、35歳以上で妊娠・出産する人も増え、高齢出産はごく身近なものとなっている。 続きを読む…

高齢出産
高齢出産対策は何歳から始める?不妊症基礎知識

日本産婦人科学会の定義によると、高齢出産は「35歳以上の初産婦」とされている。ちなみに、超高齢出産という言葉もあり、その場合は50代以降の出産のことを指す。 続きを読む…

高齢出産
ダウン症リスクを下げる正しい高齢出産

「ダウン症」は、通常よりも染色体の数が多く、特有の身体的特徴や精神発達の遅れを伴って生まれてくる状態のことを指す。卵子や精子が作られる段階で染色体がうまく分離しないことが原因といわれており、今のところ根本的な治療法はまだ発見されていない。 続きを読む…

高齢出産
50代高齢出産のリスクと成功率

稀なケースではあるが、50代以降になって子供を授かる女性もいる。しかし、その割合は厚労省によると51万人中8人ともいわれ、この年になって妊娠・出産することがいかに難しいかがよく分かる。 続きを読む…

PAGE TOP